人気ブログランキング |

仕事でも遊びでもない時間を過ごす許可

 先ほどコンビニエンスストアに向かう途中で、濃いネイビー色の旧いシボレーカマロを見た。凄い大きいね、うちのマンションは結構細い路地を入ったところにあるからサイドを擦ってしまいそうなくらい(笑)けど引っ越し用のトラックだって入ってきてるし、停められないことはないのだろうけど。マッスルカーっていうくらいだもんね(^^)

さて、先週長崎へ向かう前に興味深い文章をネットで発見したので引用させて頂きます。(掲載先HPの注意書き"引用は自由ですが出典を明記のこと"を読んでの引用です)

休日に一日をゆったりと過ごしたいと思ったとき、どんな場所がふさわしいのだろうか。そうした時間の過ごし方は、読書であっても、考えごとをするといったことでも、とにかく何でもいいのだが、言えることは、それが目的やノルマを持たないということである。だからそれは、「仕事」でも「遊び」でもない時間である。子供の「遊び」は別だが、われわれにとって「遊び」さえも、ある時間をスケジュールによって管理するという点においては「仕事」と変わらない。
(http://www.eonet.ne.jp/~saitoa/texts/text15.html)

例えば僕などで言えば、バンドに対するアイデアは遊び心がふんだんですが、実際それを表現する場・スタジオやライヴハウスでも常に入り時間や持ち時間がキッチリと組まれていて、なおかつショーであればチケットのノルマというものが存在します。
ただ、ある意味で遊びでも仕事でもないと言えばそうなのかな?と思ってはいたのですが、上記の観点から見ればやはりバンドも仕事(それはそれで本望なのですが)に当て嵌まってしまうような気もしますね。
ですから、先日のような過ごし方をするという許可を自分自身に与えて、実際そのように過ごしてみたのですが、こうせねばならないと言った思い込みは一つの個性にも成り得るのですが、反面抑制にも成り得るのだと思いました。
許可と書きましたが、引用文の「子供の「遊び」は別だが」という点に着目して考えてみると、それは自分の遊び心や子供心に許可を与えるということで、自由というものもそこにあるのではないかと思います。許可という言葉は、許すことでそれが可能になるという風にも取れますよね。つまり自分自身の可能性へと繋がっていくのではないかと。

もちろん、ずっとそのように過ごすという訳にもいきません。この文を書いている間、自由に言葉を連ねているには違いないのですが、「もうすぐ仕事が始まるので食事を取り備えなければならない」という意識がどこかにあるはずで、じゃあ今日は仕事を休む許可を与えようなんて訳にもいかないですよねσ(^_^;)バンドだって事前に予約や準備が必要になりますし。

だから、例えば仕事が終わった後の短い時間であったり、休日であったりと、まったく何にも捕われない過ごし方を設けてあげることによって、仕事やライフワークもより充実してくる"可能性"はあるのだと思いますし、思わぬサプライズもそこにあるような気がしています。


-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!

by red_rebel | 2009-06-19 12:31 | Angel Cafe  

<< サロン選びのポイント(追伸追加) Weekend Gypsy >>