<   2008年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

生きるということ

昨夜、とても寝苦しくて目がさめた。ヒョウ柄の夏用毛布を縦にして寝てしまった為に首まで覆われ、その毛布から出た手が押し付ける形となり首や胸を圧迫したことがよくなかったようだ。
眉間にしわをよせて眠っていた間、社会的地位や経済力による格差を押し付けられ、それによる劣等感がどうしようもなく押し寄せてくる夢をみた。

深夜1時過ぎだった。
今の世相では充分に考えられる内容であったが、自分の中にある不安や弱さが増幅されたような夢だった。
いつかも書いたかも知れないが、悪い夢は意外にも良い兆しであることが多い。が、バタリアンやエイリアンが出てきて襲ってくれたほうがまだ良いと思えるくらい、リアリティのある夢というのはそういう機転がきかず拭えないものである。

そんなこともあって、今朝はしばらく生きることについて言及されているHPを観たりしていた。
どれも夢の後味を拭い去ってくれるような言葉が見つからない、それもそうだと思う。
その後で、先日書きかけていたXjapanの夢についての日記を書いて更新し、思い出したようにiTunesを再生させた。
その夢を観た当日はおもしろおかしくてたまらないくらいだったのに、更新して改めて読んでみるととても冷めた気分になる。
すべて、昨夜の夢のすべてが悪いのだ。

気分を変えようと、先日のダイアリーでもBGMとして記述していた自らの楽曲を再生する。
いつものように物凄くテンションが上がることはないが、演奏すること歌うこと表現すること聴くこと、そのすべて"音楽"はまさに生きることだと思える。

なんとなく気分が上がらない時に読むのはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(僕はルドヴィヒと呼ぶ)の『ハイリゲンシュタットの遺書』である。


私の傍らに座っている人が遠くから聞こえてくる羊飼いの笛を聞くことができるのに私
にはなにも聞こえないという場合、それがどんなに私にとって屈辱であったであろうか。
 そのような経験を繰り返すうちに私は殆ど将来に対する希望を失ってしまい自ら命を
絶とうとするばかりのこともあった。

 そのような死から私を引き止めたのはただ芸術である。私は自分が果たすべきだと
感じている総てのことを成し遂げないうちにこの世を去ってゆくことはできないのだ。




僕の音楽が、誰かの希望へと繋がり、またはそのものへと成り得るのならば、それ以上のことはない。
ルドヴィヒ、俺は生きるぞ。


俺はロックンロールエンターティナーのHEAD、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRのHEAD☆
[PR]

by red_rebel | 2008-07-30 14:02 | Diary of HEAD  

破滅に向かって

<28日AM>

Xjapanのライブ盤を聴きながら書いている。
言うのも、今朝はとても奇妙な夢を観て目覚めたからなのだ。

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡るReveRのHEAD★


これまでに体験したことのない、ドでかいステージ。『DAHLIA』を気合いで演奏し切る。いや『Rusty Nail』だったかも知れない。
そうだ、俺はギタリストとしてXjapanのステージに立っているのだ。どう言う訳か。

二日間があっと言う間に終了し、最終日。
会場内を横目で覗きながら歩いて楽屋へ向かう。純朴そうな女学生、年配や主婦、女性が殆どの客層だ。何故か、全員がきれいに並べられた座布団に正座している。

俺、来るとこ間違ったんじゃないかとさえ思いながら、スタッフに言う。
「オールシッティング(全席着席)かよ、オールスタンディングでしかやったことないんだ」

場面は切り替わって、いきなり本番前のセッティング。そこでこの夢は急速にスリルを増していく。
今日は最終日。故hideを意識してか、アクリルか何かでできたスケルトンショッキングピンク(透けている)のボディのそれを手にする。
握りやすいグリップ、人さし指の先には引き金(?)、グリップエンドには透明の長いホースが垂れている(??)。ここから水を吸引する訳だな、なるほど…






な、なんじゃこりゃあ!!





良い音、しそうじゃん(o^∇^o)ノ
この、水鉄砲



ステージ上手(かみて)には水道があって、何故か、客席から上がってきた母がホースをセッティングしてくれている。


I'm Sorry、ヨッちゃん(Yoshikiさん)。このライヴ、終わった…



そう言うまでもなく、その歪な水鉄砲がプロデューサーだか何かの男の目にとまり、呼び出される俺。
「それはさすがにダメだよ」
言われる迄もねェっての。一旦ステージ裏へ引っ込み、機材のある倉庫へと走る。客は一旦入口まで下げられて、再入場させると言う。

倉庫は少し離れた場所にあり、昔実家にあった大きな車庫を思い出させる。そこで俺は何故かギターではなくて、ミンティアを空のピルケースに詰めてまた楽屋へと戻った。

会場は既に再入場が済んでおり、更に暗転までしている。
そこで愛用のレスポール(ギター)を手に取り、次こそはと意気込んだ。
しかし手に取ったギターを見てまた、愕然とした。







な、なんじゃこりゃあ!!





6弦の位置に4弦を、5弦は弦が通っておらず、4弦・3弦・2弦はまともだが、1弦に3弦が通っている。
その事態に気付いた時、SEのPROLOGUEが鳴り響き物凄い歓声が響き渡った!


もうダメだ、間に合わない…

そこで目覚めた。嫌な夢だったが、3days中の2日間は真っ当に演奏し切っていたのでまぁ楽しかったよ。
[PR]

by red_rebel | 2008-07-30 10:48 | Diary of HEAD  

暑いね~

c0077841_1655235.jpg

仕事中ですが、ちょい時間が空いたので同僚にクィクリー(VIVRE前)をご馳走になりました。しかしギャルを中心に若い子ばっかなんで、かなり恥ずかしかったよ(笑)
タピオカの食感が良いね♪
[PR]

by Red_Rebel | 2008-07-29 16:55 | Diary of HEAD  

真面目スーツ

タダイマ帰りました、一時間くらいで終わる予定だったのに結局正午過ぎ迄かかってしまって。
普段と同じくらいのエネルギーしか取ってなかったもんだがら、脳の糖分が欠乏しちゃう訳ですよ。テストがあるならあるで言ってくれなきゃ、コンチクショー。

けどこういった後のブラックコーヒーって、キリッとして良いもんですよね♪
ちょっとした充実感があります。


俺はロックンロールエンターティナー、HEAD★



先日の書き込みは、今朝の予定が入ったことでスーツが急遽必要になって、仕事先の先輩に真面目スーツと真面目靴を借りることになったんですね。それで城南区や笹丘付近の先輩宅まで行って、それから七隈線で帰ったってことです。
まぁ何とか終わったけど、大企業ってほんと面倒臭ェよなって思います。ネームバリューや安定性の裏側ですよね。
っうかさ、スーツと言えばテッズスーツ(お洒落な燕尾服って感じ)しか持ってなくて、しかも次に狙ってるのが真っ白なフレアスーツ(衣装用途)で(笑)
その前に1着、黒のモッズスーツでも買わなきゃいかんかな;;

だって真面目スーツが似合わないんだもん。

さぁ午後からは普通に仕事です、張り切って参りましょう☆




BGM♪-Rock'n'Roll Entertainer From FKOK CITY(DEMO)/ReveR






追伸・時には真面目スーツ着ても、俺は一切諦めてねぇからな(^^)輝いていきましょう☆
[PR]

by red_rebel | 2008-07-29 13:45 | Diary of HEAD  

七隈線

普段あまり利用しない駅で電車を待つ。まだ綺麗なもんだね、茶山ってどこだよ(笑)
けど全然人もいなくて寂しいもんです。
急遽、明朝にスーツが必要になって。いきなりだったんで、全然用意してませんでした(笑)

恥ずかしいから、明日は現地で着替えよう。
[PR]

by Red_Rebel | 2008-07-28 23:21 | Diary of HEAD  

これから

c0077841_2119151.jpg

レコーディング終わって次は全体のリハーサル、同時にさっきの音源にベースだけ別ラインから録音機材に繋げて重ねていきます☆
一石二鳥となるか。

画像は僕が愛用してるアンプ・BOGNER SHIVAです。男前な後ろ姿でしょう?
ホント良い音します♪
[PR]

by Red_Rebel | 2008-07-27 21:19 | Diary of HEAD  

現在

c0077841_2124270.jpg

c0077841_2124234.jpg

デモ用にドラムをレコーディングしてます☆
何曲いけっかな~?
[PR]

by Red_Rebel | 2008-07-27 21:02 | Diary of HEAD  

727

携帯端末からブログへアクセスした場合、いつもの★で飾った「HEAD」のテンプレートが、文字の大きさ設定によってはきちんと表示されないことが判明しました。
いつも携帯から観ていた人は一体この★の塊はなんだろうと思われたのではないでしょうか。せっかく上手にできたと思ったのにな〜(笑)

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡るReveRの太陽・HEAD☆

今日は音楽関係のソフトウェアをダウンロードして編集作業に没頭しよう、そう思っていたんだけど、学生時代から使用しているiMacがいけないのか、なかなか上手くいかずに時間だけが過ぎてしまった。
ストレスからか、かりんとうを貪りながら書いています。
少しゆっくりした後で、1st Stageでサポートしてくれる予定のヨーヘイにデモ音源を
渡し、夜はスタジオです。HIROAKIのドラムを録音し、30分のインターバルを挟んで全体リハーサルに入ります。楽しみです。

諸事情で来月一杯までは音楽関係に時間が割けるので、その間に記録用のデモを作っておこうと思って。頑張って来年までにはフルメンバーを揃えられたらいいなと、祈ってます。
[PR]

by red_rebel | 2008-07-27 17:05 | Diary of HEAD  

素晴らしき哉

昨日のダイアリーについてですが、
天使と言えば女性や子供を指すイメージがあるが、僕は時に垣間見る子供のような無邪気さの中に、天使を見るのである。と言った表現がありました。
それは女性や子供に限らず、つまり老若男女問わずそうやって生きる人すべての中に、という意味でした。
毎度、単に記録的な日記を記すにしても、必ず何度か読み直し推敲するのですが(数日後に表現を変更する場合もあり)、誰か特定の人を指してると誤解される可能性も含んだ文章でしたので(笑)

日本語は難しいですね。

俺はロックンロールエンターティナー、HEAD☆


連休で一日少なかったせいか、あっという間に金曜日になってしまった。
先々日の夜、眠れなくて本棚に重ねてあった文庫本を漁った。
チャールズブコウスキーという小説家の本を手に取った、以前プロフィールに好きな作家として名を挙げていたのに実際は自分で買った1冊の本すら最後まで読んだことがなかった。

『勝手に生きろ!』

力強いタイトルだ。今のところ、競馬、酒、女性、と好き勝手に生きる様が描かれているだけで、仕事なんかは決めても直に辞めてしまう。ホント、ただ好き勝手に生きてるだけの話じゃないか。著者の20代の話である。
けれど、それでもノタレ死ぬこともなく生きてるってだけでも凄いのかな。それに、定職にも就かず好き放題生きた人間の著書が、僕らの街の本屋にだって並んでいるのだ。

そう言えば少し前に、著名人の名言を紹介した20代のバイブルとも言える本を、やはり自宅の棚から見つけた。僕は仕事へも本を1冊持っていくが、その本はそのまま二つ年下の同僚に貸した。
「そう言えばそういう本を持っていた」と思って探した訳ではなく、ひとつの転機に差し掛かり何かを模索している中である日偶然に見つけるのである。そして地下鉄に乗車している間くらいしか読む時間はないのに会社に何となく持っていくと、そこにそれを読みたい人間、つまり同じように模索しているヤツがいたり。

不思議なもんだ、いや必然だな。
仕事とかで普段何気なく接したりしている人とか、ほんのちょっと顔を合わせる程度のこととか、何か些細なことでもその人の人生を大きく左右してしまって、当たり前のようなことや偶然と思えることが必然だと感じたとき、20数年足らずの人生ではその意味まではわからなくともその面白さに気付いたりもするんですよね。

今日は帰ったら『素晴らしき哉、人生』を観よう。俺の人生こっからがおもしれえとこなんだよ☆


Today was just great!!
[PR]

by red_rebel | 2008-07-25 11:28 | Diary of HEAD  

燦々

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRの太陽、、


★  ★ ★★★★  ★★  ★★★
★  ★ ★    ★  ★ ★  ★
★★★★ ★★★★ ★★★★ ★  ★
★  ★ ★    ★  ★ ★  ★
★  ★ ★★★★ ★  ★ ★★★ 



STAY GOLD☆

俺が辞めたら、何人泣くベ、天使たち

そんな句を詠い上げた後、私はひとりで苦笑いしコニャックを一気に飲み干した。
と言うのは冗談で、現実はローファットミルクに浸したチョコフレークを食べただけである。
天使と言えば女性と子供を指すようなイメージがあるが、僕は時に垣間見える子供のような無邪気さの中に、天使を見るのである。

太陽がとても強く照りつけるから、僕も負けちゃいられんぜと思う。
何かと厳しい世の中だし、自分達がどういった世代に生まれたのかも理解している、それでも毎日一生懸命生きてる人たちはとても美しいなと思います。
ただ生きてるってそれだけでね。


今日も輝いていきましょう☆
[PR]

by red_rebel | 2008-07-24 13:29 | Diary of HEAD