<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

光あれ

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り活躍するReveRの代表・HEAD☆


大きなものを失うことで、小さなことに気付き、そして積み重ねたそれは更に大きなものになっていくと信じている。
現実と向き合う事は勇気がいるが、現実を受け入れる事で得る一歩は果てしなく大きい。
全てを受け入れるには重過ぎて、潰れてしまいそうになるかも知れない。
ジェットコースターが心を引っ張って胸が締るような思いを君もしているのかも知れない。
真っ暗で何も見えないかも知れない。

輝いて生まれた12時の太陽、午後6時の太陽は沈んだ姿。けれどまだ燃え尽きてはいない、揺らめいたその炎はまだ消えてはいない。これからまた昇っていくんだ、あと半分、声を上げて生まれたあの時のように、また輝くんだ。


どん底から生まれ再び僕を照らしたこの曲を、今日は君の為に歌いたい。
自分を立ち上がらせてくれたこの曲を今、誰かの為に歌いたい。



輝ける星たちを照らす太陽に、僕は成りたい。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-31 01:45 | Diary of HEAD  

B.B.S(ブラックブラッドステーション)

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り多分野にて活躍するReveRの代表・HEAD☆


健康診断のため早起きした上に血液を抜かれたせいか、今日は眠くて夕食を取ってもエネルギーが足りない気がする。
血液検査を待つ間、何本も並んだガラスの中の抜かれた血液を見ると真っ黒に見えて、実はコーラでも入っているんじゃないかと思う程だった。そんなはずはないのだが、やはり詩や文章など書に関わる人間としてその感性は大事にしたいと思う。
自分の血液がサーッとガラスに吸込まれると真っ赤な血液で少し安心した。

こういう文を書くと化粧系バンド的で、消してしまおうかと思う。

体重は60㎏を切って減っており自分でも驚いたが、身長が1cm伸びていたのは嬉しかった。これからは多分などと余計な言葉は付けずに、175.5cmと言おう。
右目の調子が悪かったのか、生まれてはじめての0.9という数値にまた驚く。スタジオやライブで直ぐに耳をやられて低音が聞こえなくなるが、聴力は良好のようだった。


血液を抜かれて少しボーッとしたのか、ちょっとしたミスをした。そのピンチをチャンスになどというオレの思考は不謹慎なのだろうか。
いや、それでいいんじゃねェかな、だって今までだって><(だいなりしょうなり)結果的にそうだったんだから。

と言う訳で、寝るよ(_ _).。o○
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-29 22:40 | Diary of HEAD  

輝ける未来の星たちへ捧ぐメロディ

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に踏み潰しもとい、駆け巡る健全かつ素敵な不良エンターティナーが集うReveRを率いるHEADだよ☆


何となく寂しい有名チェーンの定食屋。左手前に短髪で尖ったブーツを履いたスーツ男が座る。何となく似合ってるよ、雰囲気的に。不貞腐れてるような態度で、思わず今日の見出しは「飲食店員相手に威張るんじゃねェ!」としようと思ったくらい。けどどうでも良くなったわ、そんな話は。人は人、なんか嫌なことあったのかも知れないし。

自宅へ差し掛かると一台の原動機付が勢いよく走ってきて、マンションで止まった。エレベーター前で一緒になる。目が合った。どっかで見たけど、思い出せないな。
エレベーターに乗るとその若者は管理人宅の階、思い出した近くのコンビニの店員の子だ。
セブンの? 突っ張った表情が解れる、はいと言う返事は照れくさそうで嬉しそうだった。高校生くらいか。今が、と思う。今が一番楽しい時だろうな、恐らくオレがざけんじゃねェと言ったとしたら躊躇いなく睨み返せる年頃だろう。
そっかそっか管理人さんの、笑顔でエレベーターを降りる。良い子だ。

オレもな、まだまだ僕ちゃんさ。
僕はまだ、この世界で足掻きながら、もがきながら、少しずつ進んでいる。諦めを受け入れる事が世間一般の大人になることなのかも知れない。まだまだ僕は足掻いている。それでも明日は輝けるという希望を持って。
僕ちゃんは僕ちゃんなりに、ただ生きていた訳ではなく、僕ちゃんにしかできねェことを貫き通してきたつもりだゼ。

安定した職につき安定な収入も得る生活もした、好き勝手放題にやってみたこともあった、けれどまだ足掻いている。
本当にオレ達が求めるもの、漠然としてはいるが自分らしく輝いて生きていくことではないろうか。

オレ達は瞼を閉ざした世界の住人が恐れる何かをもっている、心のどこかで懐かしみ塞ぎ込んだ何かを持っている。
部屋のラックに並んだステレオのパイロットランプは、真っ暗に電気を消した部屋で小さく光る。直径2mmもあるだろうか。
オレ達の光は今はまだこんなもんかも知れないな、ReveRの子供達よ。

それでも明日は輝けるという希望を持って。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-25 21:48 | Diary of HEAD  

黒い巨大な鳥

オレはロックンロールエンターティナー、ReveRの代表・HEAD☆


結局2時間しか眠れず、それからどうにも眠れない。
今は休息なんか必要無いんだろうな、あまり。また今夜はスタジオで遅くなると言うのに。
何かを始めなければ、何かを。

書く事でもいい、ギターを弾く事でもいい、何かをしなければ。地球はまわっている。
この焦燥とも言える感覚の答えが、必ずしも現実的にギシギシと生きる事とは思わない。
7年ほど前、オレは長男だからとか悲憤慷慨しながらサラリーマンをやっていた。仮にその時に結婚(実際は男女交際などする余裕もない毎日だったが)でもしている状況であれば、家庭があるからと言ったに違いない。
周りから見ても当然のことだと思われるだろう、だけど結局決めつけているのは自分自身だ。自分次第で如何様にも変えられるのに、自分の思い込みで運命を決めつけて苦しんでいる。
かと言ってやりたいようにやり尽くしても、やはり苦悩している。

その答えをより不確かなものに追いやっていくものは何だ?リュウが見た鳥、それと同じものかも知れない。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-24 05:38 | Diary of HEAD  

月光

オレはロックンロールエンターティナー、鮮やかな閃光を放ち縦横無尽に世界を駆け巡るReveRのHEAD☆
今宵奏でるはルドヴィヒの月光◇


如何に変化をするか、迷うところである。個人的なことなのだが、やりたい事や表現したい事の為に取捨選択をしなければならないのかと考えている。かといってかなり切羽詰まった心境でもなく、なるようになっていくだろうとは思うんだが。

まだまだ自分の道をしっかりと立てるまでは、全部は選べないのだろうか。
いや全部だ。
どっちだ、確かなのは、今自分が迷っている事といずれ何とかなると言う事。

あれこれ考えずに今を生きなさいと言う事ですか。


_先日からルドヴィヒの月光が凄くマッチするな〜出だしから薄暗く哀しげかと思いきや光が差し込むように明るいトーンが入ってきて。
いや別に落ち込んでる訳じゃねェけど、全然。

ホントにスゲェなぁと思う。偉大だね。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-23 23:12 | Diary of HEAD  

資本は想像力と創造力

人は鏡だとよく言ったもんだ。最近、それをよく実感します。
オレが緊張すれば相手も緊張するし、笑っていれば笑っている。

一つのことに捕われずにいるといろんなことが見えてきて、オレの周りにはいろんな人がいるのだと気付く。

それだけの影響力をもっていて、それだけの人がいる。もっとデカい規模でそういったかかわり合いを持つ人間もたくさんいるだろう。
今のオレに与えられた愛とはどれだけだろうな。ちょっと気付くのが遅かったが、許容範囲だ。


現実に疲弊して、人生に悲憤慷慨している暇などないのだ。
切り開く為の資本は想像力、権力にも屈しない創造力。
大丈夫、その為なら身体はついてくる。

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRを率いるHEAD☆
オレ達の資本は想像力と創造力。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-22 23:45 | Diary of HEAD  

本質は

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍し鮮烈な光を放つReveRの代表・HEAD☆


スタジオ帰りだ、腹減ったな〜最近、演奏レヴェルやアンサンブルの向上を実感せずにはいられない。
ようやくまとまりだしたかな。
以前に比べると動きは制限されてきたが、表現の幅は広がってきている。アクションが少なくなっているのは否めないが、ギターを持ち出してからプレイすること自体をパフォーマンスとすることが一つの目標であったので、今はそれでも良いと思える。
好きなバンドのライヴ映像などを冷静に観ると、思いのほかジャンプやキックなどといったアクションが少ないことに驚く。それでも充分に魅せることは可能なのだという発見であった。規模がデカくなればそれだけ演出もゴージャスにはなってくるが、彼等をオレ等がライヴ活動しているハコで観ても同じように感銘を受けるだろう。

今年はそういった部分が鍛えられてるな。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-21 01:48 | Diary of HEAD  

ひたすら

オレはロックンロールエンターティナー、世界を駆け巡るReveRの代表・HEAD☆


夢はそれらしき訳の解らぬ内容からいつの間にかにリアリティある話題にすり変わり、この胸を襲う。
ショコラ・オレが口の中で滞り、喉を通ったかと思うと締った胸の辺りでまたつっかえる。
またジェットコースターだ。急下降のヴィジョンで何を教えようとしているのか。

リアリティある夢は、それほどの内容でなくとも恐い夢と認識して目覚めることがお多いが、今日の夢は内容も然る事ながら精神的に参ってしまうものだった。
突如、最近になってみるようになった。


僕はまた隠そうとしていたのだろうか、鐘ノ音と涙と共に生まれた新しい歌の真実を。
昨夜、書きかけて消した後だったね。夢を見たのはそのせいかも知れない、そうだ、忘れる事などない。



涙が潤わせたギターの音色は美しく、心に染みる。
力強い地球の歓喜と共に鐘が鳴り響き、崩れゆく景色の中から光が生まれる。
誰もが覆い隠そうとした光だ。本当の自分を知るには勇気がいる、瞼を閉ざした真っ暗な空間に灯る光だ。
打ちのめされてどん底に墜ちてこそ、見つけられるものがある。裸になってはじめて、恐れていた輝きを手に入れることができる。
教会のステンドグラス、何もない、あるのは金色の光だけだ。
天使が舞い上がり、沸き上がる光が教会を包む頃には、僕は新しい歌を歌いはじめるだろう。

瞼の裏の輝きを見つけられたら、君は本当の君を受け入れ、君は新しく生まれ変わるのだろう。新しい君の生き方を見つけられるのだろう。


輝いて輝いて輝いて、辛かった過去を洗い流して、誰もが瞼を閉ざした夜空に輝く星になるんだ。



あれから僕はどれだけ前進したのだろうか、どれだけ成長できたのだろうか。
今、記憶と共に様々な想いが沸き上がり、そして新たな歌が生まれようとしている。
聞こえるだろうか。

また天使が舞い上がり、金色の光が教会を包む頃には、僕は新しい歌を歌いはじめるだろう。

この輝きは決して消さない。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-20 09:13 | Diary of HEAD  

男はいつも淋しいヒーロー

c0077841_123250.jpgROCKの為なら女房も泣かす、そんなアタイを笑うがいいさ…
オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍するReveRのHEAD☆



今更だが陽が落ちるのが早くなった。現場から帰る頃にはあの青空の景色も夜景に変わる。水を吸い過ぎた筆で白い灯りを描くように、ビルから洩れる光が滲んで写った。

帰宅すると母の土産のマロンを摘んでスタジオへ。空腹は満たなかったが、甘くて充分なエネルギーになった。一人じゃ消化し切れない土産品などの詰め合わせを消費するのは結構うまい方かな。何の自慢にもならないが、無駄に捨てる事なく上手に消費する甘党だ。
夕食の後などと頑に決めつけず、ここ一番エネルギーが必要な時に食せば良いだけ。


そんな個人的なことはさておき、メンバーも良く頑張ってるな〜。今のメンバーは表立った積極性や度胸は見せないほうだと思うんだけど、ふと夜空を見上げたら"おお満月じゃん"ッて時の月のようでね、何気にではあるンだけどね。
ホント、個人的なことで縮こまってるオレなど彼等に比べたらスッポンだよ。あれ、どっちが好いんだっけ?月とスッポン…

そもそも対比的表現なのかな??

まぁ良かろう。
デカいことやりたいね。新曲も良い感じで、アレンジも凝ってきたし。今年はアレンジ面の変化と成長が凄かったと思う。それもメンバーあってのこと。
そこに一発、リーダーとしてコンポーザーとしてアーティストとして、デカいの1発打ち込みタイト思います。

>アイデアの話ね。

Good Night☆
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-19 01:45 | Diary of HEAD  

ReveRの時計

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍し鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆



仕事が終わると、いろいろな思考や気持ちが交錯をはじめ渦をまき頭をぐらぐらとまわされているような感覚に陥る。何かを始めなければ、無難なことではもう足りない、そういう所まできている、そんな気がする。
ピアノの旋律がエンドレスで鳴り響く。中学生のころよく聴いたCDに入っていたナンバーだ。張り詰めたピアノ線が切れる、またメロディが流れ出す、それをバイクで乗り出すまで繰り替えした。

何故、ふとあの曲が流れ出したのか解らない。
本当に今できることを、今を生きる事からしか始まらない。
人生、あの張り詰めたピアノ線のようにいつ事切れるか解らない。そんなことを考えながら生きても仕方がないが、どちらにせよ時間は限られたもの。


ReveRの時計は動きだし、刻一刻と時を刻み続ける。
オレが受け入れた瞬間から、全てが始動するのだ。
時間軸の主導権を握れ。
心臓の鼓動が刻む、それがすべてだ。強く強く、今ここに生きている何よりの確証だ。




さて、ギター弾こっと( '∇^*)^☆♪
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-17 22:40 | MorningStar/ReveR