<   2007年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

恐るべき子供達

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍する鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆


まだまだ、食事をした後の熱代謝が暑さを感じさせる。
昨日はスタジオだった。なかなか納得のいく出来栄ではないが、ライヴショーも間近、気合いを入れて残りのリハーサルに臨みたい。


デスノートを観ていた。なかなか好きになれない配役だが、割りと好きな作品。

月は日常に持て余した知能をデスノートでのそれに費やした。恐らく、彼が最も燃えたのは一生涯の中でデスノートを手にした後からだろうと思う。
退屈やそれらからくる虚無感とは、その能力を発揮する場を得ていない状況であり、自由に泳げる能力をもっていながら、狭い水槽に閉じ込められてしまったようなものだ。

もし与えられた水が純粋な海や川であったなら、彼の人生もまた違ったものになったはず。
もちろんこれは映画であったり漫画であったり、それならではの死神ノートを題材としているが、現実的な問題としてその持て余したエネルギーで犯罪に走る人間がいたりする世の中なので、社会的問題が描写された作品だとも感じた。


俺も音楽という夢中になれるものを見つけてはいるが、まだもっと何かできるはずなどと考えたり、葛藤や苦悩は絶えない。
退屈とは、自身のエネルギーとその生活との割合が見合ってない状況であると思うから、退屈だと感じる瞬間がある限りまだまだ輝けていないのだ。

赤ん坊は生まれた瞬間大きな産声をあげるが、そのときのエネルギーというのは測り知れない。
必死になって生きようと、産声とともに物凄いエネルギーが放出されているのだ。
果たしてそれ以来、それ以上に生命の燃焼を感じることはあっただろうか。

蓄積されて過剰となったエネルギーが燃焼されれば、滞った人生も流れ出すはずだ。
もっと輝けるはずだと信じている。
そのベストな状況を与えてくれるのは人でも環境でもなく自分自身で、いくら場所や人を変えても自分の精神が辿り着かなければ得る事はできない。
精神のフィールドだ。


苦悩や葛藤の中から何かに気付き、そこに辿り着くまで歌いながら模索していくのだと思う。
仮に途中で死神が現れてもNo、何故なら揺るがない夢を抱いているからだ。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-30 15:08 | Diary of HEAD  

参ったね〜

俺はワールドワイドに鮮やかに輝くReveRの代表・HEAD…
またの名をロックンロールエンターティナー!!


MTRが壊れたかも知れん。バイクの計器といいPCといい、一体どういうことだよ。
モースタの全楽曲はこのMTRから始まり、ギタリストとしての成長もこれ一台の功績が大きい。
まぁどれも福岡来て間もなく買ったものばかりだから、ここまで使えただけ幸運かも。

買い替えるとなるとまた金はかかるが、これが良い機会となってくれるかな。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-29 09:46 | Diary of HEAD  

RangeRover

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに鮮やかに輝くReveRの代表・HEAD☆


いよいよダメですな、このPC。専門のときから使って修理歴もあり、それでも調子悪ィから仕方あるまい。


RRとは何かとご縁のあるアルファベットで。ロックンロール、ランディローズ、そしてReveRなどなど。
で最近、何となく出会ってしまったのがRangeRover、綴りあってるかな?
いや、出会ったと言っても、買った訳じゃなくってよ。

必要なら与えられるでしょう。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-27 23:32 | Diary of HEAD  

お疲れ

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに鮮やかに活躍するReveRのHEAD☆


先日、プロレスラーの藤波さんが来店されました。朝の飲食店のほう。
プリペイメント(前金)制なんだけど、普通に会計して、あれ!?だもんね。ビックリしたな。
やっぱゴツくって、でも凄く感じが良くって。やっぱ一般のお客さんも気付いたみたいで、写メやら握手やら、有名人はゆっくりランチタイムも大変だね。

昨日はそれでなくても特徴的なお客さんが多かった。まぁ言っちゃうとね、失礼だけど面白い。

『一時間半前に電話したオオヤマです!今日はヨロシクお願いします!』

え、何を!?ッて感じだよね(笑)
いや、夜の宴会ならまだしも、お昼はバイキングオンリーだからさ。

お客さん見てるとホント、おもしろいね。今日も、食うより英語で電話してる時間のほうが多かったレディやら、いろんな人がいたな。



_今日はスタジオだった。最近、また新たなアレンジや新曲のリハーサル。
新曲は1回目よりも、2回目以降ののリハーサルが苦痛だったりする。だんだん、こんなんだったっけ!?ッてなるんだよね〜。それぞれ演奏は、基本的に合ってるはずなんだけど、自覚のない微妙なズレが原因なのだろうか。

ま、そういう時は頑にならずにね、じゃあ別の曲のアレンジをやろうよと切り替えると、残りが30分くらいッていう(-。−;)
タイムキーパーは俺以外の人間のほうが良さそう(笑)


いやぁでも、やってる時も勿論スゴくいいんだけど、ミーティングなんかで真剣にバカみたいなアイデア語るのってスゴい楽しいしね。
そんなのお金どうすんのよッて感じだけどさ、リアリティが薄い反面、でっかい夢があることを実感できる訳。
うちのメンバーは割りと現実的なのかな、だったら現実的に奇跡を計画できそうじゃん。


楽しんで♪
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-27 01:25 | Diary of HEAD  

記録的なダイアリー

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに多分野に活躍し、鮮やかな輝きを放ち続けるReveRの代表・HEAD☆


少し遅めに起き、パンをオーブンに入れトイレに入った。すると、いつもなら義務感を感じながら面倒にやっていたトイレ掃除が、トーストが焼けるのを待つ時間で充分に終わらせられる気がして、パッパと終わらせた。
トーストを食した後、そのままバスの掃除も終わらせ、キッチンも綺麗にした。寝起きなのに勢いでやっていたものだから、砂糖を思いっきりこぼしてしまった。余計に面倒なことになったと思い掃除機で、吸込むとそのまま部屋全体の掃除を終わらせていた。

気付くともう16時、そう言えば昼食も口にしてなかったな。綺麗になったバスでシャワーを浴びると、今夜はグラフにライヴを観に行くのだと思い、出演者からのお誘いメールを開くとオープンの時間を過ぎていた。


幸い、2番手以降に出演した知り合いのバンドも観れたし、アヤコとその友達やキング君なんかも来ていて賑やかだった。
ラストのロリータ18号はさすが、凄く良いライヴで観ていておもしろかった。


帰りは、何か一人で外食したい気分になり、リンガ−へ入った。皿うどんセットを頼んだが、空腹過ぎたせいかあまり美味しく感じなかった。けど、何となくそれで良いかなと思えた。
レンタルショップで「限りなく透明に近いブルー」のビデオを借りて、さっき観終わった。


今日はなんか、パッパと無駄なく過ごした感じがしたな。インスピの感度も良かった。
新鮮というよりは、珍しい気がした。
さて、新しい週が始まる。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-25 01:48 | Diary of HEAD  

柔は剛に勝ち、弱は強に勝つ。

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに多分野に、鮮明な輝きを放つReveRの代表・HEAD☆


今日はどういったコーディネイトで行こうか、考えていた。
バンビーノのシャツ、バリッとしてる茶系のストライブ。切り返しの黒い袖口には『FUCK』と刺繍してある。

_映画のイメージ、ちょい悪でロックな雰囲気の漂う主人公ディーンが取引の場所へ行く。
腹では黒い事を考えていてもにんまりと笑うミッキーに、まぁ煙草でもと手を伸ばし差し出す、目の前に出されたその袖口には『FUCK』と刺繍されている。

『野郎、ハメやがったな!』
ミッキーは表情を強張らせて、一歩ニ歩と駆け出し全力疾走で逃げ出す。
窓から陽が射して明るい倉庫内に、ディーンの笑い声だけがこだます。


なんて、買う時に映画みたいなシーンがイメージとして浮かんだシャツ。まぁ洒落ですよ。

それにスカルジーンズのジャケットを羽織るか、インスピでいくとそうなんだが、ちょっと暑い気もする。汗でシャツが肌に張り付くのを思い起こさせる。
レザーの細いネクタイは着けようか、ちょっとラフにオープンしようか。タイを巻けばスタイリングの幅も広がり、ショットガンをモチーフにしたタイピンも付けられるな。



バンドでやっていこうと思ったら、地道なライヴ活動なども勿論だが、それだけではなかなか花開かない時代でもある。バンド全盛の頃と違う訳だしね。

YOSHIKIなどがデビュー前に「元気が出るテレビ」などのバラエティに出演していたことは有名だが、本人が利用できる事は利用してやろうと語っていたように、一見バンドマンらしからぬ活動も経て全国的知名度を得たのは事実である。

目標をしっかりと掲げて、コダワリを捨てて心を開いていれば必ず良い機会に恵まれると信じている。
例え、それがうちのレーベルからデビューしないかといった内容でなくとも、何が切っ掛けで道が開けるかわからない。
仕事先のお客さんに、偶然にも共通のバンドマンの知り合いがいたりとか、新たな交流が生まれるなど、ちょっとしたことでもバンド活動以外のことから得られるものは大きい。下手をすれば、バンド活動の際はあまりにもコダワリを持ち過ぎていて狭まり、逆にそれ以外の仕事やプライベートの面での収穫のほうが大きいことだってあるかも知れない。



柔は剛に勝ち、弱は強に勝つ。
目標をしっかりと掲げて、コダワリを捨てて心を開いていれば必ず良い機会に恵まれると信じている。

今日も結果はどうあれ、そういった良い機会であったと思える一日にしたいと思う。
さて、服装はどうしようか。俺らしくいこう。

Buckcherryのナンバーがパソコンの後ろのほうから流れる。
Keep Rockin!!!!!!!!!!!
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-23 11:36 | Diary of HEAD  

新曲のリハ

俺はReveRの代表・HEAD☆ワールドワイドに鮮やかに活躍するロックンロールエンターティナーだ♪


今夜はスタジオ。最初の信号渡ったあたりで、ストラップを忘れたことに気付き戻った。面倒だったな。けど、遅刻はしなかったからそれで良し。
ピックアップを変えて直ぐのリハーサルだったから、音作りがね、難しかった。
まだまだ試行錯誤は続きそうだが。

後半は新曲のリハーサル。曲のイメージは何ヶ月か前から固まっていたので、後はリリック(歌詞)だけだったんだよね。
基本的に明るい曲やバラードは、普段から口にするような言葉を連ねて伝わりやすく綴るのだが。
激しい曲とかはちょっと違った表現をするようにしてる、と言うかそうなっちゃう。

あまりカッコ良い言い方ではないが、前者は手紙みたいな感じで、後者は…小説というか、もっと詩っぽいというかね。

今回の曲はポップだが、お得意のEマイナーキーでリフがゴリッと絡む感じで。
どっちかと言うと後者にあたる訳だ。
とは言え、これまでにない感じの曲だよね。前期のモースタなら、メンバーに聴かせる前にボツにしてたと思う。コンポーザーとしてコダワリが強かった時期だから。


楽しみなんだけど、やっぱレクチャーしながらヤリ出すと恥ずかしくてね。
だいたいはデモ作ってメンバーに覚えてもらっててのが基本だし、その場合ほぼ完成形で渡すから、自信もある訳。
結構、恥ずかしいよ〜いきなり一人で 最初はこうで とか言ってギター弾きながらやるんだもん。でも、クスミ(初代ギタリスト)とやり出した頃ってそんな感じだったしね、懐かしい感覚でもあるよね。

だいたいのレクチャーが終わると、あ、俺が恥ずかしがってちゃ始まらない、とか思って。楽しんでやる方へ意識をコントロールしたんだけど。
その甲斐あってまたカッケ−のができそうです。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-23 02:28 | MorningStar/ReveR  

輝く季節が永遠に変わるまで

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに多分野に輝くReveRの代表・HEAD☆

くわえ煙草でバイクを飛ばすと、いきなり灰が飛び込んでくる。一瞬、虫かと思う程で、厚みも指で取って潰した感触もそっくりだった。

今日は先日落としたオークションの品が届く。セイモアダンカンのピックアップ、ライヴの大音量で音が潰れて聴こえるから、その対策用に安価で落とした歪みの少ないモデル。
まぁ中古だとそんなもんだと思って出品者の取引履歴をチェックすると、殆ど新品同様の品であったことが判明。
ちょっと得した気分だよ。

受け取りが完了して、飯でも食おうとエアコンをつけて出掛けてきたが、閉め切った部屋とキッチンの温度差と湿度差に参った。
ホントに九月下旬なのかと思う。

テレビではギャル曽根が大食いをやっている。彼女が母や祖母の立場になったとき、若い世代にどういう風に伝わっていくのだろうかと一瞬考える。
お母さんは、お婆ちゃんは、大食いで一躍有名になったのよ


さて楽器屋さんが来るまで観賞しようかな。
輝く季節が永遠に変わるまで、Xのこのフレーズがやけに頭から離れないんだよな。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-21 22:37 | Diary of HEAD  

新天地へと

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに鮮やかに活躍するReveRの代表・HEAD☆


能力による不平等がこの社会の根本、とかなんとか言う台詞を何かで読んだ気がする。
その通りのような気がする、では俺は劣等生か。

自分が無力だと思っても無能だと思ってはいけない、これも何かで読んだ。
きっと大丈夫、そんな肯定的姿勢でいても、本当は子供の俺は怯えているのだ。

今は一時の恥を噛み締めても、自分を知ること。


なんだかな〜といった気分で最後の一件の顧客のもとへ。
荷物にクリップで紙切れが挟んである。○○○(担当者)を呼び出してください、そう書かれた一枚の紙切れ。
ただの言伝のクリップだ。
俺は何も考えず、『お世話になってます、○○○様○○○様○○○様、いらっしゃいますでしょうか?』
と少し大きな声を出す、○○○様と一回ごとに音程とアクセントを変え、ちょっとアナウンス風の呼出し方に、オフィスから笑いが起こる。

ここなんだ。こういった部分に、自分の活かすべき能力へのヒントがあるような気がする。もう、心の何処かでは確信しているのかも知れないが、これが思春期から抑え出した自分だと思う。


ある日ふと、田舎の同級生の顔が浮かぶ事がある。俺は、ここまで歩いてきたのにまた連れ戻されるのではないかと必死に、そのイメージと闘った。忘れたかった。
けれどそんなものは被害妄想に過ぎない。たまに帰ったら飲みに行こう、お店に遊びに来てとメールをもらう、、そういったメールも何処かで怯えながら開いていた。

連れ戻されるという感覚は、完全に現実からの逃避である。
恐れているのは他人ではなく、忘れてしまいたい昔の自分。
一応書いとくけど、苛められるような柄じゃないからね(笑)そういう話じゃなくって。



旧い友達のイメージが訴えるのは、帰って来いッてことじゃない。
いつまでも変わらない俺で在れと言っているのだ。
有りの侭であれと言っているのだ。



仕事を辞めて東京から帰ったとき、しばらく地元にいた。1ヶ月と居れなくて、そのまま福岡へと飛び出した。
先日、実家に帰った時も、うすうすと感じていた。やっぱりここ(生まれ故郷)にはいれないな、と。
いいんだ、それで良いと思う。俺の人生、俺が決める。
ただ、負けて逃げ帰る為のバックギアはないんだよ。


音楽はもちろんだが、もう一つ。子供の頃から俺が持っているモノってなんだ?
いや、俺はもう既に気付いているんだよ。ただ、時と場合によって(しかも大事なとこで)有りの侭の自分を出せていないだけ。

ロックンロールエンターティナーの、『エンターティナー』の部分だ。

旧友のイメージや生まれ故郷は、今日の出来事は、俺の有りの侭を取り戻そうとしている。
それができたら、なんか今まで滞ってた部分がスーッと流れ出す気がするんだ。
立派に自分の道を立てる事ができたら、遠くからでも家族や友達や故郷に良い影響を与えられるような気がする。



輝いて生きる為に、休まず走り続けなければならない。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-20 22:10 | Diary of HEAD  

真夏の渦

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに多分野に、鮮やかな閃光に輝くReveRのHEAD☆


昨日は蒸し暑かった。
真夏のような気候、湿度が身体に絡み付いて、重たい機材を持ち歩いた俺の身体からの熱とその湿度との間に挟まれたらどうなるんだろうと思う。
夏を嫌いになるんじゃないかと思った。


昨夜、寝る前に色んなことを考えていた。思考はしがらみ、考えたって解らないのが人生だと言うのに。
ただ、人としてそうやって考え悩むことも必要だと思わなくもない。

渦だ、考え出せば徐々にその渦に巻き込まれて、だんだんと自分はとても弱い存在なのだと思えてくる。
ネガティブとは違う次元で、俺は自分自身の弱さをひとつ覚えたのだ。

しかし、それも一時の恥。そういった時を経て、その先にしか輝きは表れないのだ。
だから、スタジオで遅く就寝したはずなのに今日はいつもより30分も早く、気分よく目覚めた。



起きて間もない時間、オークションを観ていて、割りと良い値段だったので入札したら、即決されてしまった。
はッ?とか思ったけど、嬉しいハプニングだったな。


今日も輝いて生きましょう☆
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-20 09:29 | Diary of HEAD