<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

稼動日報

運送屋の仕事で、数多い顧客のリストを書き出し、集荷や配達の洩れがないかをチェックする、稼動日報なるものを付けている。
少し面倒なのだが、こういったことで意外にミスを防げる。

それで、、と言う訳ではないのだが、バンドの活動でもそう言った日誌的な記録をつけることにした。
いつ、どこで、なんてデータはもちろん、内容や注意点、次回の課題点など、書き出すと意外に止まらない。

ライヴが詰まってて毎回違うリストでリハをやる、なんて場合を除き、、スタジオリハーサルと言うものは、少なからずマンネリ化の傾向がある。

しかし、帰りの会のように良かった事悪かった事とか、次回への課題を明確にしてやるだけで、同じ曲をやるにしても感じ方は違ってくるはずだ。

マンネリするしないなんて、臨み方ひとつではないだろうか。


まぁ堅苦しい文章書いても、楽しむことは忘れてないですよ。

だって、楽しむって一番基本じゃないかと思うんです。
そこを超越したとこに、更なる楽しみがあるんだから、、

だから、マジにやるときはヤル訳です。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-30 01:20 | Diary of HEAD  

わっしょい

もう少ししたら出掛ける。

今日はある事の、最終日だ。
言い方を変えるなら、再開に向けてのひとつの準備事が終わる。

意外に長くかかった。

本日はビートゴーズのLIVE、間に合えば是非行きたいのだけど…
ちょっと厳しいか~


休止中に、今は自分の殻に篭っていると書いた。
色んなことが殻を形成していった。
その殆どが、自分の欠点であり弱さでもある。

次は破って出ていく番。

さて、皆さん頑張りましょうo(^▽^)o
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-28 16:07 | Diary of HEAD  

夢と、運命と、思いと

運命とは、出逢うべくして出逢い、与えられるべくして、与えられる。
全ての巡り会わせは必然で、意味のないものなどない。


素直に言葉に表すことができなくても、自分の中で気付くものはある。
何時だって、何も考えないことなんてない。きっと、何か考え、何かに気付き、物事は前に進むはずなのだ。
長い時間を要するときだってある、それだけ自分にとって大きいことなのだ。


辛い境遇に苛まれたら、その先はきっと笑える未来があると信じる事を忘れない。
その状況を受け入れず、逃げるだけなら明日は来ない。前には進めない。


だから世界一無様になったとしても、夢は諦めない。



今夜はモースタの決起大会でした。
その場では単なる飲み会の雰囲気だったけど、今、こういう文を書いてることに、自分なりにその意味を見い出した。


来月は本番、何時だって夢に描いたステージがそこにある。
辛い下積みだと思って昇ったことはない。

練習も大事、営業も大事、でも何時だって描く事のできる力強いイメージを持つ事がもっと、大事だと思う。
どうか〜してくださいと言う祈りは叶わなくても、絶対に〜すると言う思いは叶うはずだ。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-23 01:14 | Diary of HEAD  

逆境に挫けず

再び、STAGEへ昇れることに感謝する。

MORNING☆STAR HP
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-16 23:48 | Diary of HEAD  

NO! Worker!

仕事をそろそろ減らそうかと思っているんだ。
やっぱ、生活とか欲しいもんとか何かしら考えて、今の生活になったと思うんだけど…
正直、これだったら普通に就職したほうがまだ良いんじゃないかっていうとこまで着ちゃったから。

やりたいことの為に敢えて、金にもならないフリーター生活を選んだわけなんだが、ここまで仕事に体力と時間を費やすとね、、意味が薄れてきちゃうから。

やるならやるで、中途半端じゃなく集中したいんだ。
東京からわざわざ、職探しに福岡着たんじゃねぇから。
Rock'n'-rollしにきたわけよ。


ま、同じ生活でもさ、器用な人ってうまくやってくもんじゃん?
俺は、何でもかんでも力いっぱいやっちゃうから、何か減らさなきゃ。

アルバイトによる収入は減るけど、恐らく…出発進行の準備は…

来月あたりには、揃いそうだ。
マイケルモンロー聴いて寝よう
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-16 00:32 | Diary of HEAD  

飲食店のプライド

飲食店で、店員相手に凄む男性を、女性はかなりの割合で嫌がっていた。
とあるTV番組で調査してた結果であり事実、、また、ごく一部のデータでしかない訳でもあるが。

理由はともあれ、
金を払っている以上楽しみたいのは解るが、あまりにも度が過ぎると立場が逆転することも有り得なくはない。
しつこい、怒鳴る、調子に乗ってそれを理由に、他の料理の分まで金銭的割引を迫る、または料金の支払いを拒否する…


楽しいデート、家族での食事、、、

雰囲気をブチ壊したのはどっちかな?
クレームは悪くないが、力んで後悔するようなことのないよう、よく考えて発言し行動したいものである。
そういうとこで、器のでかさや潜在的な人間性が垣間見れるもの。



例外こそあれど、誰も来店してくれるお客さんの邪魔などしようと考えてるはずはないのだから、店員が自らの過失を認め誠意を示した分に関しては、冗談くらいで勘弁してあげて欲しい。
そんなもんいらんわいと見ようともしないのなら、黙って帰るべきだ。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-15 02:37 | Diary of HEAD  

明日もそうとは限らない

何かを得たり、物事が前に進んだりって、、少なからず痛みを伴うもんです。

俺も痛ェ!!!!
心身も痛ェし、金銭的にもイタイ!!

まぁホントに必要なものには我慢しない質なので、よくよく考えたらそうでもないかな?と思うけどよ。



今日のスタジオは、空腹と疲労がそうとうなもんだったけど、いつもより笑顔の多いスタジオだったように思う。


痛みとかキズとか、いつまでもそのままな訳じゃない。いつか、その人にとって大事なものに成り変わる。
仮に今が辛くても、明日もそうとは限りませんよね。


HPをチェックしていて下さい。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-13 01:09 | Diary of HEAD  

店の駐輪場でバイクのエンジンをかけると、太ったサラリーマンが険しい表情で俺を見ていた。
マッチョぶって首の骨鳴らすのって、アレか、、、お前さんも北斗の拳が好きなのかい?
しつこい視線に苛つき「何スか?」と問うと、慌てて首を振って下を向いていた。

走らせながら、『いやぁ何か僕の止め方が邪魔だったかなッて思って(^^;)』と好青年の俺が言う。俺のアタマの中で。
何故、そんな言葉が出てくる?
走り去った後で、今さら。こう言えば角も立たないとでも言いたいのか。


会社の喫煙所で事務員か何かの女がバンドのことを聞いてきた。
プロに成りたいかッて、何か時代遅れの質問だね(笑)
27歳と言ったら、『ヤバくないですか?』だって、その考えがヤバくないですか?
熱血中年プロレスラーが大検取って、大学行く時代に…

何かを始めるのに遅過ぎるってことはないんですよと説いても、解るはずもないので黙っていた。
別に、アンタが悪い訳じゃねェよ。





俺は今、何か、無性に

自分の中で何かを


ブッ壊したい、のだと思う。


守りに入っていては、新しいものは生まれてこない。

前に進む為に、ブッ壊す。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-10-05 01:22 | Diary of HEAD