<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

I FEEL ALRIGHT

忙しいな。モースタやdiggerのことを考えてたら、いつの間にか、9/23のコピバンの初スタジオまで一日しかないという事実に、突き当たる。

今更遅ェよな、でもこれが俺のペースさ。さて、それを踏まえてどうしたものか、、、

あと、4曲は覚えないと。ヤルしかないのは解ってる、自分で決めたことだかんよ。


それをどうこなすかな、と。
とりあえず、一日ですべての歌詞を暗記するのは無理だし、俺はそうしようと思わない。
無理矢理詰め込んでも、表現がね。人の曲でも、俺らしさが自然と出せるやり方、、、


こんだけ完璧に覚えてます、きっちりやってます…
そんなのより、学校の宿題じゃねェんだから、俺はこういうヴォーカリストですッて知ってもらう事だと思うのだよ。

だってロックンロールだからね。それはテキトーやると言う意味ではなくてね。
もし完コピを求められたら、参加すること自体を考え直さなきゃなんない。



うん、そんなこんなでね、明後日はノリ一発勝負だゼ!!!!!!
ッてまぁ、楽しんでやってきます☆
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-29 00:29 | Diary of HEAD  

Re

以前、ストレートのロン毛時代に愛用していた、、、ダメージ何とかという赤いボトルの整髪料が、また欲しくなってきた。
トリートメントと整髪が一度にできてしまう、優れものだった。今でこそ、同様の商品が出回っているだろうが、どれもワックスで、あのミルキータイプのものはなかった。

朝はポマードで撫で付ける時間もなく、あれでバーッとまとめるのが良かったんだ。
もうちょい探して、無いようなら現行の類似品を試すほかない。


バイト先で、髪が伸びたと言われるようになってきた。
それは、切れと言われる前兆でもある。

ある程度整髪して、なるべく指導員(俺はエージェントと呼ぶ)との干渉を避ける。
だってウザいんだもん。

女性は良くて、男性は短髪でなければならないと言うのは、おかしいデス。
髪についてとやかく言う人間は、ちょっと薄いヤツが多い。あくまで俺の経験上の話、余談だが。



先日、先々日と、スタジオ続きで楽しかった。
ギターを弾いた後で、何か指がキュッキュッとして気持ち悪い。潤滑剤を使う前まではそんなことはなかった。

やはりフィンガーイーズはあまり使用しない方が良いと、俺的には思う。


diggerのほうはこれまで"コピー"していたある曲を、解剖し、リアレンジしたりした。
やはりただ単にコピーするだけでは、飽きがきてしまう。

弾いている(演奏している)ッて実感が徐々に薄れてしまうのだ。

オリジナルを持たない分、楽曲のアレンジなどには時間をかけていきたい。



さて、今日は部屋の掃除という、望んでもない予定が入っている。ちょっと面倒だが、終わった後の爽快感を思い、頑張ろうかな(ToT)
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-27 10:34 | Diary of HEAD  

マイペース

最近は取り巻くものも減り、少し退屈な気がする。。。



気がしただけだった、ヤル事はある。
まるで心に穴のあいたかのような錯角。ただの錯角だった。


思い出したかのように、9/23に演奏(歌う)する課題曲をレンタルし、自ら提案した曲のアレンジなど考えている。
メンバーの方々(だいたいが年上の方です)が、ロックとして完成された楽曲(つまりコピー)を提案されたのに対し、俺はロックでも何でもない只の古臭い歌謡曲のカヴァーを提案した。
仮にこのバンドで却下されたとしても、diggerW.A.S.Pか何かでやるつもりでいる。

それにしても、名曲揃いでヤリ甲斐もありそうだ。一回限りの企画バンド(?)とは言え、どんな形かはわからんが何か、自分の為になりそうな気がする。
とりあえずは頑張ってみよう。

9/23は空けといてね!!



__自分一人が気張ってるような違和感を覚えたら、気楽に気侭にやればいい。

俺は今、良い意味で自分の殻にこもっている。自分の中にある感性や個性を高めるチャンスだと感じているのだ。
自分の部屋のカスタマイズを考え、寝たいときに寝る、弾きたいときに弾きたいだけギターを弾く、、、"〜しなければならない"などと言った、余計な束縛や緊張を感じずに生活している。

あと、たまに畑も耕してる。。。それはウソだ。


この生活がずっと続けば逆にダラけてくるから、活動開始するまでにはまた気を入れ替えるつもりだ。と言っても、同じ事をくり返すつもりはない。

NEXT STAGEは良い意味で違ったものになると思う。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-24 01:13 | Diary of HEAD  

新曲、聴いてくれよ

6/9のライヴまで、ラストのメンバー紹介で演奏してた曲を覚えてくれてるでしょうか??
SING ALL NIGHTを元に、ライヴのシメの曲として作った、ギターがメインの短いインストナンバーです。

一応、ライヴではギターソロ以外はほとんど演奏してなかったんだけど(笑)それこそメンバー紹介をしなければならなかったので。


と、まぁその曲をMORNING☆STARのHPで公開してますよッて話なんだけど。

公開しているのは、MTRで録ったデモで、演奏も全て俺です。もともと、公開する予定もないデモだったから、正直キレイではないです。
あと、PCでしか聴けません。

リニューアルのため、少し寂しくなったHPですが、これでも聴いて待ってて下さい。


ちなみに、現時点ではそのデモを『輝ける未来の星たちに捧ぐメロディ』と呼んでいます。


オヤスミ☆
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-20 23:20 | MorningStar/ReveR  

from MORNING☆STAR

今日は改めて、MORNING☆STARのリーダーによる近況報告として、書きたいと思います。

LIVE活動休止となり、早くも2ヶ月以上の時間が流れました。
個人的に、一番好きな季節に動けないッていう状況に、ジッとしてられない思いだったけど。
それを選択したのは、俺であり、バンドであり、そしてメンバーである。

HPにおける、活動休止という告知はちょっと違ってて、実はライヴについての活動休止だったんだけど(笑)


新しいベーシストを迎え、現在はスタジオリハーサルのみ、それだけを頑張ってます。

俺はこれまでどおりマイクをとると同時に、ギタリストとしても復帰しました。

ドラムのHIROAKIも、これまで以上にコーラスなどにも意欲的な姿勢を見せ、バンドのボトムに相応しいプレイヤーとなるべく頑張ってます。


サウンドに関しては、特に厚みのなさを感じる事もなく、逆にクリアな音像に新鮮さを覚えるくらい。
これまで靄がかってたものが、ハッキリと姿を見せるような感じです。


新しいメンバーについては、復活ライヴでもって発表にかえさせてもらおうかと思ってる。HPチェック宜しく。

SEE YA!!
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-20 12:16 | MorningStar/ReveR  

対バン募集!!

ミクシーのプロフィールを整理してるが、アレもコレもと書いてしまい、結局ごちゃごちゃなってまうンや。
わかりやすく簡潔に、思うてんやけどな。

ワイは不器用な"サミーヘイガー"やッちゅうねん。


_台風が来ると言うので、ちょっとワクワク気味の朝。中途半端に来られると、仕事がやり辛いからね〜来るなら来いよッて思う。
まぁこの台風による被害もないと言い切れないので、勝手なことは言えないけどさ。



そういや、休み中に髪をブラックにした。ブリーチで傷んだ感じが、どうも夏に合わなくて。
仕事先での印象もまた違うらしく、やたら驚かれる。
ラリーの赤いキャップとの相性も、メリハリが出て良い感じ。

結構いいじゃん、黒髪も☆

周りが派手なアタマしてたら、逆に新鮮に映るだろうしね、とりあえずライヴ活動再開するまではこのままでいこうと思う。


_さて、ライヴ活動と言えば…
サイドプロジェクトとして、モースタの合間を縫って活動してきたバンド・digger W.A.S.Pのほうで、対バンしてくれるバンドを募集したいと思います。

ジャンルやキャリアなどは問いません、但し対バン(当イベントに出演)してもらう際は、カヴァー曲を中心に演奏していただく事が必須の条件です。

何ゆえ、主催がカヴァーバンドですから、カヴァー(コピー)バンドイベントになるかと思います。
もちろん、オリジナルやってるバンドでもいいですよ。(クドイようですが、当日はカヴァー中心でやってもらいます。)

会場や期日などは、ある程度出演バンドが集まってから決めるつもりです。遅くとも年内中には開催、おそらく日曜日になるでしょうね。


_と、詳細はまだこれからという感じですが、現時点で少しでも興味持たれた方は気軽にメール下さい。
(ミクシーの人はミクシーのメッセージ機能、一般の方はinfo@ms69.net、もしくは俺に直接でも結構ですんで)



〜不器用だけど しらけずに 純粋だけど 野暮じゃなく
上手なお酒を飲みながら 一年一度酔っぱらう〜

河島英五、いいね〜♪ではイッテキマス!
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-18 09:59 | Diary of HEAD  

飛び立つ鳥たち

鳥であれ飛行機であれ、飛ぶものは必ず地に着く。
餌なり燃料なり、また羽ばたく為にはその必要があるのだ。



誰かが、バンドはどうだ?と聞いてくる。俺は答える。

「今は新たに飛び立つ前の準備段階」

と、全くその通りに言うわけではないが、自分の気持ちとニュアンスはそんな感じだ。


あくまで、まだまだもっと羽ばたく気でいるのだ。



実家では映画ばかりを観ていた。
消防士、戦争とか、、、、5本くらい観たかな?

過激な表現には技術が要るが、比較的、描くのはたやすいように思う。
しかし、愛とか友情とか命の尊さなどのヒューマンドラマを描き伝えるには、技術ではない何かが必要だ。


今回観たものに共通して思ったのは、そういうことだ。

過激さの中にあるドラマ、感動。


そして、弟が婚姻届と嫁さんを連れて、先ほど発った。
それも新たな出発である。陰ながら応援していきたいと思う。



それにしても、何か、時間の流れを感じる、まるで自分以外のものだけの時間だけが、物凄く経過したような。
地元に帰ると、余計にそれを実感する。

俺は、焦りも取り残されたという気持ちもまるでない、自分の生き方への確信…



ここでロックスターを夢見て過ごしたあの頃と、何も変わっちゃいないんだよ。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-15 10:52 | Diary of HEAD  

告知!!

BEAT GO'Sのギタリスト・ケンさんのお誘いで、9月23日に催されるコピーバンドイベントにヴォーカルで参加することになりました。

俺の参加するバンドは、ケンさんはじめとし、ジャンルを問わずのおもしろいメンツです。
昨日、俺以外のメンバーも決まったようで、詳しい事はまだわかんないけど、わかり次第、ここなりモースタHPなりで告知したいと思います。


どんなイベント、バンドになるのか楽しみだよ。



そして、R.R.M.Cイベントのほうも、そろそろ第2回を催そうかと思ってる。
こっちはまだ漠然としたイメージしかなく、日取すら決まってない状況だけど(笑)


楽しみに待っていてクダサイ!!
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-08 09:54 | Diary of HEAD  

心と目と行いと命もて

約1.5日の週末など、あっという間だ。仕事での拘束時間や疲労がない分、この短い時間の使い方ってのは大事。
翌週の仕事のことを考えてしまい、ずっと寝て過ごして自己嫌悪ッてのは、東京でのサラリー生活で嫌ッてほど経験したから。

まぁ休日に限らず、何日か過ぎた後でもその日に何をやったか憶えているくらい、毎日を色濃く充実したものにしたいですよね。



土曜の夜は彼女と買い物へ。部屋を改造する為のものを買いに行ったはずなのだが、何故か食品を買い帰宅。

と、その矢先で思いもしないトラブルが!

信号待ちでドカッと、やられたんだよ。後続車に。
ん?何?と思ったよね、俺もぶつけられたってのは未経験だったから。

相手も真っ当な社会人だったみたいで、ちゃんと対応してくれそうなヤツだったから、良かったけどね。まぁ逆に、だからこそウザッタイ感じもあったけど。


彼女は、事故を結構経験している。
そういう経験が過去にあったから、今回の事故で考えるもんもあったみたいで。

自分の人間性に対して。

確か、これは成長を試す試練と言った感じのことを、言っていたよな。
週末の彼氏とのショッピング帰りに、自分(の車)がぶつけられたという状況を、そういった見解でみる。

その時点で、気持ちに余裕が生まれていることが解る。それはもちろん、過去にそういった事故を経験していたからこそであって、事故って良い事では決してないけど、それが糧になったと言うか。
今になって、そうやって良い感じに作用しているという訳だ。


早く愛車がなおるといいね☆


日曜はスタジオだった。

今日はdiggerのVo、MIKIのバースデー・イヴということもあり、彼女とプレゼントやケーキを持参した。
喜んでもらえたようで何より!


彼女もまた、原石であり、または卵である。


俺はバイト先で毎日、温泉玉子を割っている。30個ほど。
その経験を活かし、彼女の殻にヒビを入れておいた。軽〜くね。


ブチ破り、輝くのは彼女次第、ということで。



という訳で、女性陣に負けじと今週も頑張りたいと思う。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-07 10:04 | Diary of HEAD  

運命はこのようにして扉を叩く

ルドウィヒの調べに酔い痴れ、少し忙しかったセいかいつの間にか寝ていた。

最近は、ギターの練習法を変えている。それは勿論、毎度毎度同じ練習ばかりもしないのだが。
テクニック的なことも然る事ながら、その練習というのは、慣れないせいもあり精神的に疲れる。


普段なら常時鳴らしているクリック(メトロロームやドラムパターン)をオフにし、そのギターソロ(ここでは、ギターのフレーズのみの構成で曲として成り立つものをいう)を、自分の感性がままに、強弱やテンポを変え演奏する。
そう書くと、普段の演奏だってそうだと思うかも知れないが、実際は違う。


普段弾くギターは、例えば、タラララタラララ…と言う16分フレーズを弾くとして、ドラムのビートまたはメトロロームにあわせ、アタマにくる"タ"の部分にアクセントをおく。

で、その新しい練習法(奏法)で同じフレーズを弾くなレば、例えば最初は弱く遅くはいり、徐々に強く・速くするなど、緊張感や高ぶりを表現するように弾いてみるとかね。
クリックをオフにして行うので、何にも捕われず自由に演奏できると言う点では楽しいが、ここでもっと速く!ってときに難しいフレーズにぶつかったりとかね。

まぁ当然、基本的なテクニック+αは必要だわな。

俺は基本をおろそかにしている、悪いギタリストの見本であるから、こっからがイイとこッてとこで、挫折して、基本に返って練習するみたいなね(笑)

振り出しに戻る訳です。    


結構、やり出すと楽しいんだけどな。バンドでやるんだったら、そうとう息があってなきゃ無理。
でも、案外おもろいかもね。


そして、ルドウィヒは凄いなと思います、オヤスミ。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-05 02:17 | Diary of HEAD