カテゴリ:Angel Cafe( 45 )

 

リヴェルにおけるシンクロニシティ

心理学にはシンクロニシティという言葉がありますが、ここ最近そのシンクロニシティを実感することが多いなと思います。
例えば僕の場合は、いつかも記事に書いたように長崎出身の方やB型の人たちが周囲に多かったりするのですが、その他にも好きな音楽の印象的な部分が2分19秒から始まることが多かったり、曲自体の長さが2分19秒であったり、帰郷する又は故郷からフクオカへ戻る際に219号線という道路を通ったり、つまり誕生日である2月19日と同じ数字の並びが目につくことが多い訳ですが、僕はこれも"偶然の一致"と呼ばれるシンクロニシティの一つではないかと思っています。
数字だけではなく、前述のように血液型などもそうなのですが、あとは名前に子がつく女性が親戚や知り合いに多いこともその一つなのかも知れません。

稀に例えば「何型の人でないと」などというこだわりを持つ方も見受けますが、僕の場合は何となく「やけに多いな」と思っていた偶然の一致が振返ってみると所謂シンクロニシティではないかと考えられるというだけで、普段からそういった執着を持って生活をしている訳ではありません。



さて、今日は当ロックンロールエンターテイメント、リヴェルにおけるそれについて少し書きたいと思います。

リヴェルは2008年4月26日に熊本での1stStageで始動しました。
この日をバースデーとして、数秘学からリヴェルの誕生数を導きだしてみましょう。

2+0+0+8+0+4+2+6=22

リヴェルの誕生数は22、年・月・日をそれぞれ一桁にしてその和を求める計算法では4となりますが、ここでは上記の左から続けて足していく方法を用いたいと思います。

★長所有能、卓越した才能、理想主義、力強い実行力
★短所自己中心、神経過敏、短気、変わり者

また姓名数(対人性格)を出してみても、reverで出した場合は2になりますが、読み方に忠実にriveruで姓名数を求めるとやはり22になります。やる側の僕らが感じていることも、周囲に与えている印象も同じということですね(笑)
22はもっとも早熟で強力な運勢を持っていますが、短所からも解るようにワンマンになりやすい傾向があり、強力だからこそ(この場合は人ではなくグループですから)乗りこなすのが(実現するのが)難しいということが言えます。

さて、ここではシンクロについて書きたいと思いますので、ここからは誕生数の特徴などは割愛させてもらいます。


では、もう何度も書いていて飽き飽きするかも知れませんが、先ずは僕の誕生数を。
1+9+7+9+0+2+1+9=38、3+8=11、11ですね。ちなみに本名だと違うのですがHEAD TheLWの姓名数も11です。

それではメンバーを数字を見てみましょう。ベースのリョーイチ君は誕生数3です。
11とは一目惚れの関係とも言われる3ですが、楽天的な性格が幸運を呼び寄せる数字です。

ドラムのヒロアキ君は誕生数8、物質的な繁栄とかかわりのある数字で特殊な11と22を除けばもっともパワーのある数字だと言われています。

では1stStageの時点でのトリオ構成で、それぞれの誕生数を足してみたいと思います。

11+3+8=22

強力なリヴェルの誕生を異なる誕生数の3名が支えていた、なんて考え方もできますね。
さてシンクロはまだまだ続きます。

先ずね、11に直す前の僕の生年月日の和に注目してください。
1+9+7+9+0+2+1+9=38
38ですね、しかし38という誕生数はありませんので更に足し算をするわけですが、ここで注目したいのは3と8を足して11という誕生数が求められる、ということなんです。つまりメンバーそれぞれの誕生数3と8と一致しているということです。
僕と同じ誕生日、誕生数を持つ人に、小説家の村上龍さんがいらっしゃいますが、あの方の場合は1952年2月19日ですので、生年月日の和は29となり、2と9を足した誕生数11であることがわかります。もしかしたら4+7の11の方もいるかも知れませんし、5+6の人もいるかも知れません。

更に!!
実は数秘学の見方は誕生数や姓名数だけではなく、生れ日や月日から導き出される数字も同時に考察することでより深く分析する方法があるんですね。
僕の場合で見てみましょう、1979/02/19、先ず生れ日は生まれ持った性質を示すのだそうです。
つまり1+9は10、さらに一桁に直し1+0=1
次に人生の目的、生き方。それは月日の和を求めることで見ることができます。2+1+9=12、一桁に直すと1+2=3
つまり1-11-3という並びで僕個人を読み解くことができると言う訳ですが、すいません、くどいようですがここでは偶然の数字の一致について述べますので、それぞれの読み方は割愛します。

さてその例えをもとに同じようにリヴェルの数字もみましょう。
2008/04/26
生れ日、2+6=8
月日、4+2+6=12、1+2=3

もうピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
では並べてみましょう。
リヴェルの生れ持った性質、誕生数、人生の目的の順に並べてみますね。

8-22-3

それがどうしたッ!!?

(笑)なんて言わずにね、やはり22の前後にある数字が3と8なんですわ。

面白いもんだなと思いますけどね、皆さんも見回してみるといろんな偶然の一致を見付けられるかも知れませんね。3や8の方もそうなんですが、僕は他にも水瓶座や乙女座(上記メンバーは二人とも乙女座)の方がはだいたい周囲にいたりとか、牡羊座は多くはないけど常に男女共に印象的に存在していたりとかね。

あ、ちなみにいちいち調査している訳ではありませんので(笑)メンバー構成だって、足した和が22で一致するからもう増員はしない、なんて話であるわけがなくて、これからも募集は続けていきます。
ふと見たり聞いたりして、「え、そうだったんだ?」って積み重ね、それを書連ねただけの話なんでね。そうでないと偶然の一致とは言えませんからね。

また書きます、今日も輝いて生きましょう。

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-07-21 10:59 | Angel Cafe  

何気ない週末、何気ないカッフェで、何気なく談話する。


 久々にカテゴリを変えまして、Angel Cafeにての更新です。表示形式上、あまりカテゴリ分けは意味を成さないような気もしますが、いつか記録用にでも書籍化(ブログにそういうサービスがあるのです)する機会などに役立つかと思っています。

今日は久々に百道へ出掛けました。いろいろと文献を漁るつもりが、今日は何一つアタマに入ってきてはくれません、気分を変えて村上龍の「愛と幻想のファシズム」などを読んでみますが、今日は読書には向かない日のようです。
そうは言っても何だかんだで数時間経ってしまい、地下鉄で天神まで戻ったのですが、ちょうど天神で席を立とうとした瞬間に仕事先の後輩からのTEL。どうやら地下街を上がってすぐのビルにいるようでしたので、落ち合うことに。
昨年もやはり一人退職したのですが、その彼も今夏で退職することになりました。ちょっと寂しいですが、各々目指すものがあって、そのプロセスではないかと思っていますので、微力ながら応援してあげたいですね。そう思います。

さてそういう訳でか、先日も彼とは会社近くのファミレスで一緒に食事をしたばかりなのですが、せっかくタイミングよく遭遇したので、コアの地下にある喫茶店でお茶をすることに。
以前もバンド仲間やメンバー候補と行ったと書いたかも知れません、その洋食カッフェです。
ホントに良い意味でね、何気ないんですよね、そのカッフェ。だから、何気なく入って何気なく話せる。けどね、スウィーツなんかも美味しいですよ、結構。

c0077841_0115346.jpg


前述の先に退職してしまった彼も、数週間前に連絡をくれて。諸々あってまたフクオカに帰ってくるとのこと、色々と考えることもあったのだろうけど、敢えてそこで僕にTELをくれたっていうことが純粋に嬉しかった。僕はこの数年の経験を活かしてって以前の記事で書いたけど、音楽を含めてそういうことなんです。というのは、やっぱりちょっと先のわからないことに不安になったり、何かで落ち込んでしまったりということは、決して僕だけではなくて誰にでもあることだと思うのですが、僕自身ね、そういった中で元気をもらったのは仕事だったり音楽だったり、そういった人から受ける、何気ない言葉だったりしたんですね。
そういった経験もした、そしてそれを活かして何かをしたいと思う、そういう今があるだけでホントに感謝だなってね。

数秘学の知識だってね、莫迦にはできないんですよ、結構励みになったって言ってもらえる。
より良い形で役立てていければとは思っています。

今日、お茶した後輩は喫茶店ってはじめてだけど、いいですねって言ってくれてたので良かったです。

頻度こそね、人よりかなり少ない方なんですが、僕はカッフェで何気ない会話をするのって凄く好きなんですよね、他愛のない話だったり、真剣な語らいもありでね、なのでエンゼルカッフェっていうアイデアも生まれたんですが(笑)

あと、ステーションにある何気ないカフェも結構好きです。ちょい出発時間より前に行って、本とか読みながらコーヒー飲むとかね。


c0077841_0551419.jpg



ほんとささやかなんですが、それが大切なんだと思いますよね☆

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-07-05 00:56 | Angel Cafe  

ダイアモンドリング

2009年07月22日は皆既日食の日、らしいですね。太陽と月、それらが関連している時点で神秘的でロマンティックな感じがしてしまうのですが。
そこでひとつ、数秘学のお話を。
2009年を示す数字は11、どんな年?というよりも先ず滅多に巡ってこない年とも言えるのですが、例えば誕生数もしくは姓名数に11の数字を持つ人間というのが神経過敏で直感が豊か、神秘学や芸術の面で活躍する人が多いように、今年は心の不安が高まり物質的なものよりも精神的なものに人々の意識が向くのだそうです。またハレー彗星などが出現した年もやはり11(1910年)でした。
更に月日を見てみると、単純に月日の数字を足してみると7+22で29、更に数秘学の数字に直してみますと2+9=11(もしくは7+2+2=11)、偶然にもね。年を示す11と月日を示す11を足してみると、22と、宇宙的拡大を示す数字が導きだされます。

何か願事でもしますかねσ(^_^;)数字が示すように、喜びのある一日になると良いですね!!


-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-23 12:38 | Angel Cafe  

蝶であり、花であり、君である。

連続投稿となってしまいますが、とある芸能人のブログが少し話題になっているようです。ネット上の記事ではじめてその方のことも知ったのですが、どうやら何かしら辛いことがあった模様。

何かと厳しい時代と言えばそうなのですが、心のケアが必要な時代なのかなとも思います。きっと自分のことで精一杯だったりもするんだと思うんですが、時には労ってあげることも大事。焦ったり、落ち込んだりして周りや先が見えないような時にだって、窮すれば通ずという言葉もあるように、思い掛けない打開策なども見つかったりすることもあると思います。落ち着いて周囲を見回してみると、意外にきっと俺だけだと思っているような状況と似た状況にいる人や経験した人がいたりもするんですよね。そういった人にちょっと話をしてみるだけでもだいぶ楽になります。

本当のところ、この2〜3年間、僕自身かなり苦しい状況が続いていました。それでも何とか自分自身を保ってこれたのはいろいろな出会いや出来事があったおかげだと思っています。
いつかの記事で蝶の話をしようと思って、また書きますと締めたことがありましたが、正にそのことです。
蝶は自分が蜜を吸って生きるのが精一杯に見えて、実際は花粉を運ぶ大切な役割を果たしている。そんなことを何かの本かネットで読んだことがあります。
蝶はその役割に気付くことなくまた飛び立ってしまうのかも知れませんが、僕はそんな苦境の中で、世の中には意図せずとも人を癒せるような方がいるのだと気付きました。もちろん、そんなつもりはなくただ思ったことを話し、接しているだけなのかも知れませんが、蝶の知られざる役割に気付くのは客観的に見ている側であり、感じている側です。
僕としたことが、おこがましいことにそれを伝えようとしてしまいました。もしかしたら相手側からするとそれは迷惑なことかも知れない。
そうだったとしても、これからも自由に美しく飛んでいて欲しいと願っています。若しくは美しく咲いていてほしなと思います。
そして再会の機会があるなら最高です。

きっと誰もが蝶であり、花であるのだと思います。(蝶や花という表現ですが女性に限った話ではありません)
本当に歌い続けることが、書き続けることが意味を成しているのか、そんなことを考え出した時、ふとした花たちのちょっとした言葉によって勇気づけられて、存在している意味が実現していくのかなあ、と。
成功する!という願望もありますけどね、心を満たしてくれるのは、そんな表面的にはちょっとしたことでも内面的には大きなこと、それが収穫っていうものなのかなって思いますね。


僕はカウンセラーに成りたい訳でもありませんが、誰にも何にも話をしたくないときは"ここ"に来て下さいね☆
すべては愛から。

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-21 01:40 | Angel Cafe  

仕事でも遊びでもない時間を過ごす許可

 先ほどコンビニエンスストアに向かう途中で、濃いネイビー色の旧いシボレーカマロを見た。凄い大きいね、うちのマンションは結構細い路地を入ったところにあるからサイドを擦ってしまいそうなくらい(笑)けど引っ越し用のトラックだって入ってきてるし、停められないことはないのだろうけど。マッスルカーっていうくらいだもんね(^^)

さて、先週長崎へ向かう前に興味深い文章をネットで発見したので引用させて頂きます。(掲載先HPの注意書き"引用は自由ですが出典を明記のこと"を読んでの引用です)

休日に一日をゆったりと過ごしたいと思ったとき、どんな場所がふさわしいのだろうか。そうした時間の過ごし方は、読書であっても、考えごとをするといったことでも、とにかく何でもいいのだが、言えることは、それが目的やノルマを持たないということである。だからそれは、「仕事」でも「遊び」でもない時間である。子供の「遊び」は別だが、われわれにとって「遊び」さえも、ある時間をスケジュールによって管理するという点においては「仕事」と変わらない。
(http://www.eonet.ne.jp/~saitoa/texts/text15.html)

例えば僕などで言えば、バンドに対するアイデアは遊び心がふんだんですが、実際それを表現する場・スタジオやライヴハウスでも常に入り時間や持ち時間がキッチリと組まれていて、なおかつショーであればチケットのノルマというものが存在します。
ただ、ある意味で遊びでも仕事でもないと言えばそうなのかな?と思ってはいたのですが、上記の観点から見ればやはりバンドも仕事(それはそれで本望なのですが)に当て嵌まってしまうような気もしますね。
ですから、先日のような過ごし方をするという許可を自分自身に与えて、実際そのように過ごしてみたのですが、こうせねばならないと言った思い込みは一つの個性にも成り得るのですが、反面抑制にも成り得るのだと思いました。
許可と書きましたが、引用文の「子供の「遊び」は別だが」という点に着目して考えてみると、それは自分の遊び心や子供心に許可を与えるということで、自由というものもそこにあるのではないかと思います。許可という言葉は、許すことでそれが可能になるという風にも取れますよね。つまり自分自身の可能性へと繋がっていくのではないかと。

もちろん、ずっとそのように過ごすという訳にもいきません。この文を書いている間、自由に言葉を連ねているには違いないのですが、「もうすぐ仕事が始まるので食事を取り備えなければならない」という意識がどこかにあるはずで、じゃあ今日は仕事を休む許可を与えようなんて訳にもいかないですよねσ(^_^;)バンドだって事前に予約や準備が必要になりますし。

だから、例えば仕事が終わった後の短い時間であったり、休日であったりと、まったく何にも捕われない過ごし方を設けてあげることによって、仕事やライフワークもより充実してくる"可能性"はあるのだと思いますし、思わぬサプライズもそこにあるような気がしています。


-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-19 12:31 | Angel Cafe  

Weekend Gypsy

ここ最近、自分自身、九州内という範囲ではありますけれども週末の朝に思い立って何処かへ行ってみるといった行為を考えているうちに、週末のジプシーという言葉が浮んで少し気に入りました。
そのまま、週末にプチ放浪するってことです。
メディアで取り上げられている場所や事前に計画を立てた旅行というのも素敵ですけれども、自由気侭に訪れてみた街や自然の中で過ごすのもいいなと思います。
もう既にいろいろとアイデアは膨らんでいて、こうなってくるとやはり車があるといいかな(今までは住んでいる場所や、機材の持ち運びとプライベートの移動、見た目の良さなどの好みを兼ねた車がなかなか発見できない理由で、必要なときにレントアカーしています)とか、いろいろと考えます。
アコースティックギター一本、PCやノート、そういったものを持っていったら自分のライフワークも兼ねて出かけられますし、通りかかったカッフェでお茶を飲むのもいい。で、スーツも持参してバーなんかに出かけるのもいいなとか。
もちろん、その土地ならではの場所や料理を楽しむのも大切だけどね。

ETCも千円だし、実際洋服なんかはフクオカで全然揃ったりもするから、他県で高い買い物する必要もない訳ですし(九州外や海外だったら別かも知れませんが)、華やかな経験になるかどうかは過ごし方や感受性によるのかなという気もします。

でも、車はコンバーチブルがいいなあ。機材全く積めないから、バンドじゃ使えないですけどね(笑)
ッぅか外車がいいなあ(>▽<;;


放浪っていうとフラフラしてるイメージがあるんですけど、夢とか信念って常に変っていないし、アンテナだって張ってる。
何がどう結びついていくか、わからない訳ですから。

例えば仕事がないってときに何とか仕事探さなきゃって思うのは当然。けれども、じっと求人雑誌やハローワークの画面上と睨めっこしていて必ずしもそれが見つかるかどうかはわかんないよね、僕の話で言うとバンドのメンバー探しているときにライヴハウスやスタジオだけにフォーカスしていてもなかなか見つからないことだってあるし、曲のアイデアだって音楽から離れているときにこそ浮ぶもんです。
内に秘めた目標が揺らがずにあれば、いろんなところから新しい可能性を探ってみるのもいいんじゃないかと思っています。




-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-18 07:27 | Angel Cafe  

楽しんでいこうぜ(追記分あり)

c0077841_10272471.jpg


ここに訪れた理由、それは自分自身に挑み続けた戦いを終わらせる為だったのかも知れません。

福澤先生の銅像を後にし、駅方面へ歩いたつもりが、どうやらグルッと廻ってしまい、またライヴハウスのある場所へ戻ってしまいました。
単なる方向音痴と捉えるのが普通ですが、

僕としてはライヴハウスのある場所から歩き大学に関連のある場所を訪れ、別の道を歩くとまたライヴハウスの場所へ戻った。

ということがもっと深いことのようにも感じました。すべて自分のライフとして、ひとつの環のように繋がっている、そういう風にも考えられると思いました。つまり音楽から歩み出しその過程で大学へ、そしてまたそれは音楽に繋がっていくという意味で、建物や場所に因縁付ける訳ではなく、あくまでもそれを象徴しているかのようだということです。

長崎に着いたのは13時過ぎだったと思いますが、16時過ぎの便に乗り込みそのまま福岡へと戻りました。
しかしながら、ダイアリーとして書いてみるとその3時間ほどの短い滞在がとても充実した時間であったことを実感します。坂が多いところが以前に住んでいた横浜と何処か似ている気もしました。いいところですよね、長崎も☆俺は好きです。


小学校の頃の担任教師が、己に克て(おのれにかて)といつも教えていました。忘れ物をすると根性打ち込め棒という訳のわからない棒で股のあたりを叩かれるのですが、今考えると可笑しいですし、同じことを今の小学校でやると直ぐさま問題になってしまうのではないかという気もします。

自分を変えようと自分自身に戦いを挑み続ける日々は、たくさんの成長をもたらしてくれました。
きっと今ある楽曲も創造できなかっただろうし、長崎から帰った後で行き付けのブティックでイタリア製のシャツを買ったのですが(国名を出すと嫌味に聞こえますが、良心的な値段かつお洒落です)、そういった細身のお洒落もできなかったかも知れません。
今があるのはきっとそういった日々で勝ち得てきたものだと思えます。

しかしながら長期に及ぶ有りの侭の自分との戦いというものは過酷で、いろんなものを失っていくのだと思いました。
楽しい会話をできるはずの相手とも心から楽しい会話ができないのだと思いました。

長崎から戻ってから昨日までの間、何人かのバンド仲間たちと会いました。何か今までになかったフィーリングというものを感じました。
彼らと話していると、ようやく自分自身を許してあげられそうな気がしました。これまでの収穫、すなわち今あるものを楽しみながら、暫くこのままでいようと思いました。それはバンドに限った話ではなく、僕のライフすべてを通して。

そして心がいっぱいになってから、また次にチャレンジするのもいいでしょう。これからは楽しみながら夢を叶えます。

20年数年前に見たあの写真は、僕がここを訪れることを知っていたのかも知れないなあ。

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-17 12:59 | Angel Cafe  

さるく日記

本日は長崎へと出掛け、数時間で福岡へ戻り、そのままDrum Sonへライヴを観に行ってきました。

何も考えず、ただ今あるものだけを感じる、すなわち有りの侭を感じること。目的も計画もない時間を過ごすこと。それが目的、そういうと矛盾がありますが、目的があるようでない、そんなプチ旅でした。ちょっとうまく表現できませんが。

ストライプのモッズスーツをTシャツの上から羽織って。


それで、何故長崎なのかといいますと、先ず平和記念像を観たいと思ってました。

小さい頃に見た、更に小さい自分のアルバムの中に、同じポーズの像の写真があったのを覚えています。その写真と言うのが、実際はえびので撮られたものだったのですが、なんて言うのかね、焼けてるって言うんだろうか。非科学的かつイメージが湧きやすい表現で言えば、うっすら赤いぼやけた線(光?)がいくつか写っているようにも見えたね。
それがどうってことはないのだけど、子供心に不思議に思えてね、光がどうっていうよりはさ、その像そのものがね。ポーズなのか、大きさなのか、よくわからないんだけど。
写真には、僕か両親か、像の前に立っている絵だったと思うんだけど、もしかしたら像だけだったかもね。
それが印象的であったのはそうなのですが、実際長崎のそれを見たことはなかったということが一つと。

特にフクオカに来てからですが、長崎出身の方と知り合う機会が何故か断トツに多いのです。それはバンド関係に限った話ではないですけど、元々が福岡って人よりも多いかも知れないです。
慶應の同期生で佐世保在住の若者によると、長崎や佐世保の人はフクオカに憧れが強いということでしたが、まあそれならその他の県の方も同じかも知れませんよね。あと、壱岐から福岡へ就職してくる人も多いという話も聞きますが、僕が知り合った人にはそちら方面の方は一人もいらっしゃいません。
それで長崎出身で福岡在住という方が多いというのはホントかも知れませんけど、結構フクオカの知り合いなどに話してみるとね、え?そう?自分の周りにはそんないないけどって返ってくることがほとんどです。
ちなみに歴代我がバンドのベーシストの二人は長崎出身です。そして血液型がB型という共通点も(笑)その組み合わせって以前のバイト先にもいましたけどね。

何か、フィーリングが合うのかも知れませんが、確信はないですけどね。偶然にしては多いのは確かです。

あとはライヴでも島原含めたら3度ほど行っていますけど、初期メンバーのヨウスケ君の運転でいつも行ってましたし、会場とコンビニや100均以外はほとんど歩いたことのない街だったので、今朝、行き先を長崎と定めた次第です。


いきなりバスセンターで往復チケットを買い、一番早い便に乗り込みました。
パンフみたいなのが座席にセットされてましたので、普段はあまり観ないのですが、たまたま福澤諭吉先生の像があることもそこで知りました。
まあもちろん、見たいものがあってそれを見に行くとなると、それは目的となってはしまいますけど、ここでいうのは事前に何日に何処へ行こうと決められたものではないことがコンセプトなんですね。
朝起きて、バスの中で、到着地で、その場その場で決めながら行動するというかね。だからバスの時間も全く決めちゃいないんです。
フクオカ〜人吉インターまでと同じくらいの時間を要するのですが、片道1500円も料金が安いのはなんでなんでしょうね。

とりあえずせっかくなので駅最寄りの中華料理店で皿うどんを。なんかそのお店っていうのが、おばちゃんとかが料理運んでてアットホームな感じなんだけどさ、凄いムーディなBGMが流れてて、このシチュエーションはいつか小説に使おうと思いましたね(笑)俺とか暑いのに一人だけモッズスーツだし、浮いてるんだけど、何か良かったなあ。
で、料理運んでくれたおばちゃんに、道を訪ねたんですね。あ、じゃあチンチン電車で行くといいよと教えてくれたんですが、その後でもう一人のおばちゃんがフロアに表れてね。なんかタイミングを伺うような感じで立ってるんです。
水をついでくれるときだったと思ったけど、バスで親和銀行前で降りなさいってまた教えてくれて(笑)あれ、さっき公会堂がどうって聞いたような、、そしたら二人でどっちが近いか話し合ってくれてるみたいだった。
お会計のときもやっぱり、親和銀行ねって教えてくださって。ありがとうございます。
写メでも撮れば良かったよね、マジで。


それからその親和銀行前で降りたんです。何度か見た景色、蔦のある建物とか。
そうなんです、最初なんか懐かしくて、ライヴハウスに寄ってしまったのですね。寄った後で「あ、知ってるとこ訪ねちゃ意味ないじゃん」って気付いて(笑)主旨がずれるってね。
それでなくとも、やっぱりああいうところはライヴ活動をちゃんとしてるときに行くべきところ、普通に考えて分るんだけどね、よくよく考えたら。懐かしがって行くところじゃないですよね。

などと考えながら、ここが何処とかどうでもよくなって、いきなり主旨からずれた行動を取った自分に軽い嫌悪感を覚えたりもしながら、無茶苦茶に歩いたんです。こっちでよくない、みたいに。さっきから湧いてくる嫌悪感も手伝って、ホントにテキトー。
するとね、不思議なもんでね、しばらく歩いて面倒だからタクシー乗るかって、前見たらさ、パンフに載ってた福澤先生の像がある場所だったんです。諏訪神社だったかな。いくつか階段を登ったとこにあって、あ、先生そちらにいらしたんですか?奇遇〜みたいな感じですね。

c0077841_23452588.jpg
c0077841_23453963.jpg
c0077841_23455021.jpg


福澤諭吉と言えばお札というのはもちろんですが、あと慶應義塾ですよね。特に慶應入ったからハマってるって話じゃなくてさ、慶應にするか日大や別の大学にするかで迷っていた時にね、修身要領っていう文章を読んだです。

「文芸の嗜は人の品性を高くし精神を娯ましめ、之を大にすれば社会の中和を助け人生の幸福を増すものなれば、亦是れ人間要務の一なりと知る可し。」

その中にあったこの文章を読んで感銘を受けたといいますか、最近このダイアリーでもご無沙汰ですが、僕が目指すエンターティナーってこういうことじゃないかと思ったんですよね。それで、慶應に決めました。大学で学ぶことにも自らの活動に結びつくものは必ずあるはずだと、今でも思っています。そして音楽活動における考え方の面でも、これを読んで良い意味で変りました。
文学だけではなく、それ以外の芸術も指す文芸という言葉であったのも大きいかも知れませんね。

単に憧れだけで出願するのではない、そう自分自身に確かめる為にも福澤先生のことや修身要領について調べたのは良かったと思いますが、それだけでなく現代人にも必要だなと思えることがいくつも書いてあります。
かなり長くなりそうなので、今日はここで締めたいと思います。

時間があったら修身要領もしくは福澤諭吉で検索され、触れてみて下さい。

つづく、、

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-15 00:21 | Angel Cafe  

「そこなんよ、ポイントは!!」

あっという間に金曜日ですね。アナタとは、貴い(たっとい)方・男性・女性、と書いて貴方で貴男で貴女である訳です。目紛しいスピードで周囲が変化していこうと、日々が過ぎていこうと、何を焦ると言うのでしょう?
無理に変えようとするよりも、唯一無二のアナタをじっくり感じてあげましょう。



_先日はなかなか忙しかった。スクーリングの件で休みを申請しようと思ったが、なかなか厳しい状態。以前は九大生の人とか資格試験目指している人が一月休むこともあったのにね、そうもいかない現状のようである。
いっそ仕事をかえることも考えたのだけど、正にそのとき先輩というか上司からTELがあって、休めないから辞めますなんてことになると困るから何とかシフト頑張ってみるよ。ッてことだった。まぁ2週間通えたら理想的なんだけどね。取れるといいけど、やっぱ何処いっても厳しいはずなんだよね、今の世の中ってのは。そう言ってもらえるだけでも有り難い、そう思いますね。
同時に、思い通りにいかないとじゃあ辞めますっていう事例が結構あるんだろうな、そうも思った。シフトのことでわざわざTELもらったのは初めてだったからね。

もちろん、それでも良いんじゃないかと思う、その後で後悔することがあったとしても、結局辞めますと言った瞬間その人は自分を信頼していたはずだから。そのときの決断によるその後の結果ってのとうまく付合っていけるんだったら問題ないと思いますね。
僕としては、結局スクーリングだけの為に辞めたとしても、トウキョウから戻ってさあどうしようかってことにもなりかねませんので(もちろん良い転機になる可能性もありますが、大学にも馴染まなきゃ新しい仕事や生活にも馴染まなきゃでごちゃごちゃになるはず)、今年一年かけてじっくり考えるつもりでいます。(長く続けてきた仕事ですし、終える時は楽しんで終えます)

やりたいことが仕事になってくれれば、もっと生活がシンプルにはなるなと思いますけどね。
ライフワークに大学に仕事にってんじゃ、大変だねとちょうど先日別の上司に言われたところなのでした。俺としてはさ、「そこなんよ、ポイントは!!」ってタメ語且つ九州弁で強く言いたいところではあったよ。言っちゃったしね。
けどホントに、大学決まったことは最近まで知らなかったみたいで、凄い喜んでくれててね。「そこなんよ、ポイントは!!」ってタメ語且つ九州弁で強く言っても笑ってくれてたよ。
きっと上に立つ人だって大変なんだよね、その下にいる人たちも大変、その人たちがお世話になってるお客さんも大変、皆それなりにいろいろあるんだよね。何かを人のせいになんてできないよ。
そういう意味で視野を広げてみると、少しばかり気分も楽になるよね。

きついときだって何かしら得るもんはあるはずだぜ、貴方だけの人生をもっと楽しんで生きてみてね☆
すべては愛から。

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-12 07:51 | Angel Cafe  

人とは違って当然の自分自身を

今日は図書館へ本を返却せねばならん。久々に行きますかね。ちょっと面倒ですけど。
あの、大学の話書き出すと客観的に見てね、何かを止めてそれメインに生活しているように感じられるんですけど、実際は空いた時間を利用してやっていくという感覚です。吸収するだけではアタマがパンパンになっちゃうから、音楽や執筆(と言えるかな)や仕事などでアウトプットしていかなきゃならならないと思うんですよね。

やっぱり夢や目標というのは変っていませんので、どれも違った分野に見えても自分の中では一本の芯が通っている感じです。
バラバラに見えて、あ、これはここで活かせるななどとその場その場でその知識や経験をチョイスして当て嵌めていけるのは自分の長所だと思っています。
これからガンガン増やしていくつもりですが、波に乗れるまでは堅実にいきたいですね☆

「すべては愛から」、レヴェのバーカウンターにて後半を更新しました、よろしくお願いします☆



-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウ!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-11 09:27 | Angel Cafe