一歩ずつ、一歩ずつ

昨夜は会社の歓送迎会だった。久しぶりの人、いつも顔をあわせる人、ハジメマシテは一人もいなかったな。5年ほど前に僕が入った頃はいつも、歓送迎会には"こんなにいたんだ"ッてくらい人(参加者)がいたもんだが、年々参加する人は減っている。
同時に若い子が増えたと思うけど、それも関係してるのかも知れない。
最初の3年くらいはずっと最年少だったからね、24〜27歳くらいまで。まぁおかげで未だに可愛がってもらっているし、若い子(もちろん男児ばかりですが)が増えたのもそれはそれで楽しいかな。

今日は、午後からギタリスト志望の方と面談。MorningStarのヒロアキと同い年、先週面談したキーボーディスト志望の子なんて僕の10個下ですからね(笑)
一応現在のところ、どちらもお話をしてデモをリスニングしてもらって、その反応も良くてッて感じで、そこまで順調に進んでいますが音合わせをまだしていない段階なので、正式な報告はまだできません。
ただ僕は、こうやって新しい音楽をもとに人と出会ったり、お話をしたり、そして今後はセッションもして、重ねた先にいずれは正式なメンバーが決まっていくと思うんですけど、そういったプロセスが純粋に楽しめている、喜ばしいことです。
MorningStar結成、そしてメンバー集め、そのときもやっぱりデモから始まった訳ですからね、トウキョウからきた22歳の元サラリーマン、念願のバンド結成でした。その時の気分にも似てますけど、今回は楽曲もそれなりに増えてきて素晴らしいメンバーもいて、いろんな経験を積んだ上で更にビッグなものを創造する為のプロセスですから。

まだまだメンバー集めだけでなく、やるべきこともありますけど、まぁ地道に楽しんでやっていきます。
ちなみに単純にカフェで食事したりお茶するのが好きなんで、そういう意味で面談は一石二鳥と言えるかも知れません(笑)
けど音楽以外のこと(話題)でもって、一緒にカフェにいけるような時間や人が新たにできるともっと素敵だなと思います。やっぱアーティストとして又はその活動に伴う面談となれば何処となく力が入っちゃうからですね、スッゴイ楽しいことには変りないんだけど。

私は欲張っているのでしょうか(20代後半・男性/R&Rエンターティナー)




女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション(2枚組)
/ ギャガ・コミュニケーションズ
スコア選択: ★★★

全体的に美しい仕上がりだったと思います、アクションもド迫力というより華麗な感じでしたね。
チャン・チィイーは僕の10日前に生まれたんですね、ちなみに森田剛は僕が生まれた翌日ですけど(笑)
アジア系が苦手な僕でも『SAYURI』やこの『女帝[エンペラー] 』は楽しく観れました。


来週もエンジョイしていきたいと思います☆
[PR]

by red_rebel | 2008-10-20 01:02 | Diary of HEAD  

<< 引力の法則 グリースはおれたちのすべて >>