自分へのご褒美

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆巡り鮮やかに輝き続けるReveRのライトワーカー・HEAD☆



自分へのご褒美、そんなカードをひいてね。一日考えていた、だって意外に解っちゃいないもんだからね。
物質的なもんじゃないにしろ、例えばゆっくり休むとかそういうことでも良いんでしょうけどね。

仕事中、本屋の真横に駐車していたこともあって、先ず思い付いたのは新しい書籍か新しいカード。
けれど、どうも制服で入るのに抵抗があって。数年前までは普通にやっていたんだけど、同じ会社の人間が同じ街の同じエリアに何人もいる訳ですからね。
結局、仕事帰りにもう一度行ってみたんだけど、入ってすぐに閉店のアナウンス。
これは、そういう形で与えるもんじゃないんだなと思って。(注・カードに動かされてる訳ではありませんので)
当然、洋服なんてのも思い付きましたけど、何となくそれも有りだけど今日じゃないなっていう感じがして。

結構、課題なのかな〜そういう、自他に関わらず与えられるってこと。まぁオレの視点から言えば、受け取ることですかね。
普段、ふとしたことから喜びや楽しさなんかを感じ取ることはあってもね、改めて考えると意外に難しかったりしてね。
その辺の感覚からして、普通じゃないなと思いますね(笑)

ああ、そういやプリンとかおやつ食べたな。いやね、制限してる訳じゃねえけど平日ってあまり甘味を食さないもんでね。
そういうとこでさ、目一杯喜びを感じられるようになったらもっと癒されるベ、今ちょっとそう思いました。


さて、ライフログに新たに追加しました。


以前、記事にも書いたけど『死ぬまでにしたい10のこと』
これ観るか〜!?て、改めて自分でも思いますね(笑)多分、女の子が観るもんだ的な感覚で素通りしてきたタイプの作品だと思う。
けれどそういうとこで、ちょっと自分の世界が広がったことを実感したりもするんだよね。

作品としては、個人的にもっとバーッと感動的にエンディングに持っていって欲しい感があったんですけど(映画なので)、主人公の生活や環境を考えると充分感動的なのかなとも思います。
リストアップした項目も、地味に、というと言い方は悪いですが着実に実行してて、自分の生活へのヒントにもなったっていうか。

僕はとりあえず、来年2月のバースデーまでに映画(映像作品)100作観ることと本を100冊読むってのは決めたんだけど。あとは、毎月新しいカードを増やしていくことかな。
これで3つ、まだまだやれることはあるけどね、もちろん音楽活動とか毎日の生活のこととか、いろいろとね。けど、全く関係なさそうなとこから(映画や本から)そこに繋げていくこともできるんでね。

あ、そう言えば今日はCUPIDのカードもひいたんです、20代の終わりに素敵なロマンスっていうのも良いかもね(笑)
そういう(リストアップしてた)時期に偶然(ホントは必然)出会ったこともあり、良い作品だったと思う。

死ぬまでにしたい10のこと
/ 松竹
スコア選択: ★★★




で、もう1本『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』

これっていろんな部分で、いつぞや紹介した『ELVIS』そっくり。
お父さん役、俳優さん一緒だもん。

エルビスと同時期だったらしいんだけど、全然知らなくて。そりゃ似てるわな。
監獄ライヴでの復活、ステージ上でのプロポーズ(40回目)、、、
ある意味、期待通りの展開で楽しめました!

ロックしてるよ。



ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スコア選択: ★★★
[PR]

by red_rebel | 2008-10-17 05:09 | Diary of HEAD  

<< Yesterday once ... WHAT DO YOU DES... >>