同調、解放

今夜はとあるバンドマンの来客。自宅に招いたのは久しぶりだね。
とあるバンドマンって言っても、別に隠すようなもんでもないですけどね(笑)

彼とは2度ほど同じステージに立ち、お互いがシンガーでありギタリストであり、そんな僕らならではのセッションをしたこともある間柄で、(バンドマンとして)同じような立場や境遇を経験しているからこその話ができる希有な存在でもあります。
何らかのコラボレーションという形でも良いので、また一緒にやってみたいですね。


ようやく、自分以外の人にデモを聴いてもらう機会を得た事が純粋に嬉しいです。
"あ〜もう全然いじりようがねえな"、"これ以上編集してもどう変化したのかもワカンナイ"って、細かい作業が続いて自分でもそういう状況になってましたが、彼と一緒にリスニングしてみると"もう人に聴かせても大丈夫なレヴェルだな"ってふと思えて。

また一歩前進です、ようやく解放され出した意味というのは殊の外大きいです。
明日以降、ギタリストやキーボーディストなどとの面談も入ってくるので、楽しみです。
[PR]

by red_rebel | 2008-10-15 04:36 | Diary of HEAD  

<< 金印ドッグ 魔法の杖 >>