飛ばしてくれTAXIもっと、宙に浮くほど

昨日は長い一日だった、そして充実したものだった。
充実した一日とは短く感じられる事が多いが、昨日はとても長く感じた。


昨日は、急遽決まった昼間のゲリライベントだった。
明け方から若干睡眠を取り10時の会場入りに間に合わせるべく、Shiva(アンプ)とレスポールを担ぎラリーのビッグメッシュキャップを被ってTAXIに乗った。

真っ昼間のショーって、自分でもどんな感じなんだろうと思っていたけれど、やってみると調子も良くて楽しいものだった。
弾き語り、ジャズ、R&B、ロックバンド、様々なアーティストの方が揃っており、充実した内容でしたよ。プレイして、他のアーティストのステージを観て、その音楽がある空間って言うのが、ただただ楽しかったです。

ッうか実はね、先日は敢えて自分の中のドレスコードを解いて、写メにもあるようにラリーのビッグメッシュキャップに袖を切ってド派手にカスタマイズしたGジャン、スリムジーンズにラリーのバッシュ、そんな懐かしい衣装で臨んだんです。

ドレスコードっていうのは、ディスコなんかで服装のチェックというか、ジーンズ腰パンとかジャージのお客様は申し訳ございませんがってヤツのことですね。それを僕は自分の中に導入していて(もちろん他人様に対してはいちゃもんつけたりしないよ)、常に燕尾服やリボンタイ・カマーバンドでドレスアップしてステージに上がっていたんですが。

先日のイベントに関してはね、何となくインスピレーションで上記のような、パンキッシュな格好が許せたというか、むしろ明日のステージはそれでいこうと思えたんですね。
もちろんこれからもドレスアップした衣装は続けていくつもりですし、ホントちょっとした思いつきだったんです。
ちょっとした思いつき、けど先日はそいつが大きな意味を持っていたように思うな。

出演者の方々やスタッフの方々、会場にいた皆さんと熱く語らい、とても充実した気持ちのまま再びTAXIに乗り、私は先を急いだ。


"飛ばしてくれタクシーもっと、宙に浮くほど"
"焦る心Moonlight知らず、抱いたバラ照らしてる"
"ひとり待つ君と夕食(ディナー)、テーブル華やぐはずだった"
"弁解の余地はないけれど、愛と仕事比べられない"


抱いたバァラ〜照らしてるゥ〜
ひとりィ待つ君とディナァ〜

ッうか、3,4行目のリリックなんて事実無根じゃないか、そんな予定はねえっての(ーー;)

スタジオへアンプを預け、自宅でシャワーを浴びて、また直ぐにデカタンへ。
クマモトのピストンスラッピンがイベントへ出演するとのことで連絡をもらっていたから、会いに行ってきました。
結構ご無沙汰してたパンクバンドたちが集うイベント、ここでもいろんな人と再会して話し込んだな〜僕がパンクロックバンドとしてのMorningStarを結成した頃、共演したバンドマンたちですよ。(トオル君、ビールありがとう)

皆、楽しくやってるみたいですね。それが伝わってくる良いライヴしてましたよ、ホント。
生きてるね!


僕はね、凄く充実した一日だったよな〜なんて思いながらね、ホント、別にいがみ合っていたとかいう関係じゃないんだけど、今日は凄くそんな、バンドマンたちが、アーティストが、お客さんが、スタッフさんが、素敵な人たちに見えてね。

もちろん、昔からそうだったんだと思うんですよね。

けど2年くらい前まで、僕がずっと自分自身の中に抱えていた葛藤から周りの人や環境にネガティブを投影させて見ていたことがふとね、この2年間(ReveRとして本当にやりたいことを突き詰めた事)によって、全部打ち消されたように感じたんですね。
言い方を変えれば、僕の中の葛藤が打ち消されたことによって、ポジティブになることによって、これまで僕が音楽を通じて出会った人たち、ライヴハウスやシーンなどの環境、この街ファックオーケーシティ、、やっと、すべての有りの侭の姿を見れるような自分になってきたのかな、そう思いました。

そんな内面の良い変化を感じながら、帰りはタクシーではなく歩いて帰りました。
もちろんそれは普段の生活や仕事、家族との接し方、いろんなとこで実感できることだと思うけどね。
Gジャン着て感じた意味って言うのは、歩んできた道はきっと間違ってなかった、オレはあの頃と何も変っちゃいないし何も失っちゃいない、それらにプラスして更ナル芸術性・影響力を高めたReveRとしてたゆまぬ前進を続けていく、そんなメッセージだったのかも知れない。

音楽やってて本当に良かったなって思いました、凄く精神的に満たされてまたひとつ幸せになりました。




正に




LIFE IS FxxKING WONDERFUL!!!!




連休始めにひいたカードは4枚でした。
チャイルド(子供)
プレイ(遊び)
たゆまぬ前進
恐れることは何もない

この週末ですべて紐解けましたね。
※ちなみにチャイルドは自他の子供心とのかかわり合いや子供のようにという意味合い、プレイはアーティストでありバンドマンですのでそのまま音楽をプレイするという風に捉えています。
子供心に抱いた夢を大切に、楽しんでPLAYしてこうゼって感じですね。

カードについては、また改めて書きたいと思います。予め、占いや宗教的なものではないことだけは断っておきます(笑)

途中引用した歌詞は、中学の頃聞いていたB'zの曲です。
[PR]

by red_rebel | 2008-10-13 10:22 | Diary of HEAD  

<< 魔法の杖 今日も >>