Without You

あ〜せっかく書いた文が一瞬にして消えてしまったよ。もう書かない、その後で書こうとしてたことを書いて今日は寝るとしましょう( p_q)




俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡るReveRのライトワーカー・HEAD!!


変化の多い時期です、何かとね。同時に、変らなければと思いながらも地道な内面的作業に従事しなければならない時期を過ごしている人もいるでしょう。
どちらも大変です、どちらも意味があることだと思います。
現在の僕は後者、といったところでしょうか。たまに焦ったり苛立ったりもしますけどね、それやったって始まらない訳です。

先日、以前一緒に仕事をさせてもらっていたドライバーから、お世話になりましたとの突然の挨拶。なんでも別の営業所に引き抜かれたのだとか、ホントいきなりだったんでビックリしましたね。
まぁその他にもいろいろとね、うん、全くずっと同じ状況や環境が続くということは有り得ないですからね。

前述のことは一例ですけどね、最近は仕事先での人や出来事に対する感謝の気持ちも持てるようになってきただけにね、少し寂しいですよね。


_今日はずっと、Without YouというReveRの楽曲の作業をしていました。
切ないバラードなんですけど、ピアノを入れてみると凄く良い感じになってね、秋にはぴったりかも知れない。

_このままこんなクダラナイ世界、逃げ出せば現実に打つかって
抱き合えば忘れる痛みを、けれどいつか、いつまでも此処にはいられない_

ラヴソングに聴こえますけどね、例えば抱き合えばとかいかにもってフレーズも使ってますけど、それはメンバーや友達とかとの共存だったり、互いに別の道を歩む選択をしなければならないときだってある訳で、そういう経験っていうのを幅広く歌ってるんですけどね。
まぁモースタからReveRへ移行する段階で迷ってた時に書いたっていうのもあるんだろうけど、この曲歌ってるとね、バンドに限らずいろんな人の顔が浮ぶんですよね。
逆に今みたいな状況になると、曲が頭ン中で流れ出すってこともあるんです。
もちろん、ラヴソングでもいけると思うんですけどね( ̄Д ̄;;


しかしアレですね、スピリチュアルなもの(笑)を感じますね。なんか、前述のような自分の状況を受け入れると不思議とね、バンドマンや同僚とか同じような境遇の人たちがいたりとか、え?アンタもそうなのかい?みたいなね。



そんな感じで、Without Youもいろんな人の、心に響く仕上がりになっていくと思います。Showはまだ未定なので、まぁネットだったりとか、何とかお届けできるようにしたいと思っていますが。



俺はあらゆる人の心に光を与える、ライトワーカーだ。
この変化の時期が、皆さんにより良い結果や経験を齎してくれるよう、祈りを込めて完成させます。
[PR]

by red_rebel | 2008-09-17 13:08 | Diary of HEAD  

<< I NEVER FEEL ALONE 今日の俺のすべて >>