銀幕のReveR

シリアスな内容が続きましたが、やっぱ楽しんでます。だって人生楽しまなくちゃよ〜♪
今夜は何がどうでとか難しいことは書かないし、考えない。

申し遅れまして(*- -)(*_ _)
俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡るReveRのHEAD The LightWorker☆


今日はちょっとした用事で大名へ。その後、レンタルショップへ行きました。
スウィーニートッドはもちろん、シカゴやアーバンカウボーイやら、旧作セットで4本。
8/30のShowまではその準備や作業に追われていたので、しばらくはテレビの映画さえ観てなかったんですよ。
なので帰ってシカゴ(キャサリンセタジョーンズなどが出演しているミュージカル風な洋画)をコンポに挿入するまでの浮き浮き感といったらありませんでした。
ちなみにキャサリンセタジョーンズ目的ではなくて、裏面の紹介にあった「エンターテイメント」という文字にヤラれたって感じですね。
内容は当然エンターテイメントなもので(エンターティナーを志す者としては)充分に収穫はあったと思います。キャサリンのセクシーさよりも僕にとってはそっちが大事なんです。

でもラヴストーリーで感動できる感性も持ち合わせてるんですよ!!

収穫といっても同作を知る人からすれば、ここからどうヒントを得るのだろうと思われるかも知れません。ちなみにいつかマドンナのDVDを紹介したときも驚きのコメント、頂きましたよね(笑)
いやでも、簡単に言えば雰囲気とか、それをそのまま真似て取り入れるなんてことは厳しいです。
まぁ(ReveRの)Angelsが3名揃ったステージを実現できるようになれば、もっと取り入れられる要素は増えるんですが。

「ちなみに募集要項に関してですが、ダンスと言っても難しいことは要らないし、手の動きとか軽くリズムを取る程度でも良いとは思ってるんですよ。もちろん、そこそこスキルがある方やもっと目立ちたい方にはメインで踊ってもらうシーンを作っていくことも考えてますけど。」

話は逸れましたが、途中居眠りはしましたが良い作品だったと思いますね。ストーリーは、、まぁ女性の強さが描かれてたってことで(笑)
良しとしましょうσ(^_^;)



その後、zacrowzのラストライヴへ。ステージの後、Vo/Gの洋一といろいろと話しましたけど、同じようなこと考えてるバンドマンがいるんだなって思いましたね。
彼は今後もなんかしらの形で絡んでいきたい表現者のひとりです。

解散は残念ではありますが、今後の洋一クンやメンバー2人に期待したいと思います。



さて、最後に。久々に画像関連の作業をしました。
8/30の後に何枚か画像を紹介しましたが、その一枚を使っていろいろと加工などしていたのですが、物足りなくて旧作映画のフライヤー風な作品にしてしまいました。
ホントに映画として実現できたら、素晴らしいだろうな。

HPのトップ画像もこちらに変えています。良かったらチェックして下さい☆
c0077841_240352.jpg

[PR]

by red_rebel | 2008-09-08 02:41 | MorningStar/ReveR  

<< 毎日がステージ 剣の四戒 >>