立金花モラトリアム

モラトリアムを生きる。
いつになったら軌道に乗出すのかと気にはならないかと言ったら嘘になる。けれどふと思い出してみれば、20歳を過ぎて漸く与えられた今なのだ。
ここ最近は特に楽曲制作に熱中できたり、芸術や文学に触れるような時間が持てたり、決して余裕ではないし果たしてそれらを活かして生きていく事ができようかとも考えるが、精神的な内面的な豊かさを育むのは今しかないのかなとも考えるのです。

立金花(リュウキンカ)が花開くまで、いろんなことを学び得たいと思う夜でありました。


俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに鮮やかに輝き続きるReveRのライトワーカー・HEAD☆
[PR]

by red_rebel | 2008-09-04 23:12 | Diary of HEAD  

<< レコーディング いつのマにか >>