あくまでエンターテイメント

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡るReveRのHEAD☆


どういった時に増加するのか我ながら考えてしまいますが、皆さん夏期休暇に入られてPCから来訪される余裕ができたと言うことでしょうか。ブログの話です。
とにかく、毎度のアクセスに感謝。

さて僕は夏期休暇はありません、その代わりと言う訳ではありませんが音楽活動(というより作業)に追われています。
仕事でオフィスをまわると人も少なく静かで少し寂しさすら感じるほど、けれどたまには休日モードの街をまわるのも良いもんです。でもやっぱ僕は、御盆や正月はちょっと苦手かな。子供の頃からそうだったと思う、確か毎年ブログにもそんなことも書いてたッけ。

週末は姪の顔を見に帰省するつもりです。
バスセンターが込み合っていたので、会社の事務員さんがチケット予約をしてくれました。九州の人ってホントあったかいですね。




今回レコーディングしたデモ、4曲あるんだけど、そのうち1曲に集中して作業してます。
MorningStarとReveR、その違いを問われたら先ずこの曲を聴かせる。それほどReveRを象徴する楽曲なので今までになく念入りです。もちろん、モースタの頃から最善を尽くしてきたのだけど。
夏休み、ではないけど、今月末を目処にいろいろとやることがあってまるで宿題のようだなと。思いますね。

全体を調整してMDに落としては様々なボリュームやシチュエーション(?)で聴いています。1曲を、ずっとです。
例えば、寝る前にコンポのサラウンドをナイトモードにして聴いてみたり、これから出勤というときに少し大きめで再生して歯磨きをしたり、トイレのドアを閉めて微かに聞こえる音をチェックしたり。
こうやって文章で表すとバカみたいだけど、僕が聴いてもらいたい人の全てが「LとRのスピーカーと自分の頭が三角となる位置でリスニングする」みたいな専門的な聴き方はしない訳ですし、ライヴハウスやクラブでデカい音で聴くという習慣ももしかしたらない人の方が多いかも知れない。
勿論、(少なくともこれまで出会った)バンドマンを含めたロックファンの人たちには納得してもらえるだけのものは、MorningStarからの活動で培ってきたという自負があるので。
あくまでバンドマンとしての経験や知識のある僕ではなく、特に音楽を聴いて育った訳でもない普通の少年にある日突然に鳥肌を立たせた音楽の力を探究する僕として、この曲はそういった観点から作り上げています。

簡単にいうとロックファンはもち一般の人にも伝わるような音楽ってことですね、それをロックンロールで表現するからロックンロールエンターテイメント。
早く公開できたら良いなと、思います。


皆さん、良い休暇を☆
[PR]

by red_rebel | 2008-08-15 03:46 | Diary of HEAD  

<< この雨だよ 恋四郎のマネ >>