ネガティブな夜

できれば考えたくもないことが次々と頭に浮かんでくる。こういった時に限って、眠りたくても眠れなかったりする。耐え切れないほどでもない温度が気になってエアコンを付けてはやはり寒くなって消したり。音楽でも聴こうかと思えば、何となく耳障りな感じがして苛立つ。

何日か前に、このブログのスキンをボブマーリィに変えた。笑顔がとても印象的である。
とある書籍に、こんな彼の言葉がある。





俺たちはポジティブだ。
俺はポジティブなことに従事している。
否定的なものは何から何まで取り除きたいのだ。
ネガティブは出ていけ。
おまえの口からついてでる言葉が、おまえを生かすのだ。
おまえの口からついてでる言葉がおまえを殺すのだ。





俺は今やってることに完全に没頭している。
なぜなら、
俺はそのためにうまれてきたんだからな。





俺は自分の内側しか見ない。外側には興味がないんだ。
いいか、俺の目は内側にしか向けられていない。
他人が何をやろうが何をいおうが、俺は気にしないんだ。






ネガティブが悪いとは思わない、それがなければポジティブなど存在しないからだ。
僕は常にネガティブな状況からポジティブな楽曲を生み出してきた。それこそが僕の祈り、歌うことが僕の肯定的姿勢だ。

人は鏡だ、ホントに。僕がクールを装えばクールに返ってくるし、ホットならホットで。
何とも解りやすい。相手を見れば自分が解るのだ。僕はその鏡を見ていつも考えていた。


『Who am I ?』


俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRのHEAD☆
ボブマーリィ、ありがとう☆
[PR]

by red_rebel | 2008-08-06 02:21 | Diary of HEAD  

<< 今日のニャンコ 花音 >>