父と母と、恋の日と

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRの代表…


★  ★ ★★★★  ★★  ★★★
★  ★ ★    ★  ★ ★  ★
★★★★ ★★★★ ★★★★ ★  ★
★  ★ ★    ★  ★ ★  ★
★  ★ ★★★★ ★  ★ ★★★ 



先日は暑い中、両親と出掛けてきた。来る前から母は海の中道に行きたがっていたので、先ずはホテルを出てそちらへ向かう事にした。小さいメルセデスが横切る。ふと自分の車で日本一周したいと母が言っていた事を思い出し、いつか買ってあげたいなと思った。

バーゲン期間中ということもあってか、人はそれほど多いとは感じなかった。そう言えば別府温泉に行った時も海何とかに行ったな、水族館が好きなのか。
仲睦まじいカップルを見ると、胸にポッカリと穴が空いた気分になる。けれど、暗めの室内から大きな水槽を泳ぐ魚たちを見ていると少し気分が落ち着いた。

マリンワールドを出ると外のあまりの暑さに体力も奪われてきたので、博多まで戻ることになった。
駅に飾られた飾り山、良く見ると芸術的に素晴らしいものなんだなと思った。
ちょうど最近読んでいる、歌舞伎を題材にした漫画を思い出した。伝統の中にもエンターテイメントへのヒントは多分に隠されている、それがどういった表現となるのかは自分でも想像がつかないが。

バーゲンだったので婦人服売場で母の洋服を一緒に選ぶ、僕はワンピースが良いのではと言ったが結局はスーツを購入。
「女の人は綺麗にしてないとダメなんだよ」と僕が言うと、父は笑って、知らんかったという顔をしていた。
売場のマダムたちが母を見て八頭身だのなんだのと誉めまくっていた。ヒールが高い靴をはかないのかと聞くと、はけば父より背が高くなりませうとのこと。確かにそうだな、父は良いお嫁さんをもらったね。

そして、両親を見送った後帰って昼寝をしました。
そして、夜はスタジオに行ってヒロアキ君とリョーイチ君とロックンロールをしました。
そして、帰って寝ました。
とても楽しかったです。



と、時間がなくなってきたので小学生書きで対処する。

そう言えば今日は恋の日だったね?最近決まったらしいけど。
楽しんでいこうや☆
[PR]

by red_rebel | 2008-07-07 13:25 | Diary of HEAD  

<< 流した涙の数だけ 休憩中 >>