Cos I got something to say about it and it goes something like this.


★  ★ ★★★★  ★★  ★★★
★  ★ ★    ★  ★ ★  ★
★★★★ ★★★★ ★★★★ ★  ★
★  ★ ★    ★  ★ ★  ★
★  ★ ★★★★ ★  ★ ★★★ 


先ずはお問い合わせの件について☆
−携帯電話からのアクセスした場合のコメント方法

「(メガホンのアイコン)コメントする」をクリックして頂くとコメント記入欄が表示されますので、そこからコメントを記入して頂ければOK。
本文を下方へスクロールすると、『オススメサイト(広告)』『(*)前へ 次へ(#)』とそれぞれラインで区切って順に表示されており、『(*)前へ 次へ(#)』のひとつ下段になります。
コメントを公開したくない場合は非公開コメントをチェックして投稿して下さい。(ただし原則として非公開コメントへのレスは非公開での返信になりますのでご了承ください)

タイトル横に携帯電話のアイコンが表示されている記事がありますが、それは携帯電話から投稿されたブログ記事であることを示しており、その場合はコメントができません。

また、記入されたコメントを確認する場合は[本文の一番下]に表示される『コメント』の件数(数字)をクリックして下さいね!!

ヨロシク(^ー゜)ノ


先日、先週レンタルしたDVDを返却へ。雨が土砂降りでカミナリが鳴ってた。
全部ケースにしまったつもりが、1本だけ入れ忘れがあった。

『IN BED WITH MADONNA』

IN BED WITH MADONNA
マドンナ / / EMIミュージック・ジャパン
スコア選択: ★★★

ライブドキュメンタリーとでも言おうか、ツアー中のマドンナやダンサー達の様子を映した作品。
彼女の黒くて太い眉毛からすると、結構古い作品だろう。
けれども、ダンサーを遵え黒いスーツと下着(?)が合体したような衣装で登場し、放たれる第一声、

「All right,America!!」

それだけでエンターテイメントを感じてしまう。

Do you believe in love?
"みんな、愛を信じる?"
Cos I got something to say about it and it goes something like this.
"私にひとこと言わせて、こうよ"

楽曲のアクセントに合わせた振り付けで階段を降りてくるマドンナはエンターティナー、それに違いなかった。
本当にこの人のステージを観るとやはりホンモノだと思える。日本のアイドルも似たようなステージを演っていたけれど、オリジナルはマドンナだと。

オフステージの姿を見ると、"ロック歌手のマドンナ"と紹介されるのが何となく理解できる気がするな。

欲を言えば、せっかくのDVDなので歌ってるシーンは歌ってるシーンで区切って欲しかった。
まぁドキュメンタリー映画だから、それ以外のシーンも面白いし大事なんだろうけど。ハードな表現に警告を促す警官が来ていても、ショーに妥協しない姿勢はリスペクト。


俺にもひとこと言わせてくれ、I'm Rock'n'Roll Entertainer!!
実はまだ全部観てなかったこの作品を、偶然入れ忘れたのも意味があったのかもな。
[PR]

by red_rebel | 2008-07-05 16:47 | Diary of HEAD  

<< 新しい朝、はじまる。 BLOOD >>