A Lover's Concerto

俺はロックン−ロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆


A Lover's Concertoを聴きながら。これって、ルールラルラルーとかダーダバダバダ−、学校で歌わされたのはそういう歌詞だったように思うが。
雨の雫〜とも歌ったような気もする。

よくよく考えれば、英語の授業でもないのに小中学生に英語詞のジャズを歌わせる訳もないか、あれは音楽の授業用にアレンジされた教材だったのだろうか。



先日、ようやくアンプをスタジオへ搬入した。
ヒロアキに手伝ってもらい、約1ヶ月ぶりに訪れるスタジオ。何も変わってはいない、当たり前か。

搬入を終えて、ヒロアキの仕事先から借りた車に戻ると、車のデジタル時計は11:11を表示していた。
最近、この並びを目にすることが極端に減った。数カ月前まで掛け持ちで働いていた飲食店では毎日のように見ていた、半分はそれを見たいが為に時計を意識していたというのもあるが。
ヒロアキを見送った後に携帯を開くと、携帯電話の時計も11:11だった、車の時計は数分早まっていたのだ。

いい兆候だ。
[PR]

by red_rebel | 2008-06-04 12:05 | Diary of HEAD  

<< 以心伝心 運命はきっとこの場所にある >>