In my hands

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆


extremeの『waiting for the punchline』を聴いている。

アコースティックギターの響きが聞きたいなと思って、返却ついでにストア内を暫く探したが、結局何もレンタルせずに戻ってきた。
そこで、自宅で何気なく見つけたこの作品を聴いている訳だが、6曲目に収録された『midnight express』のリズミカルかつ高速のアコギプレイに静かに驚愕した。

探すのを止めたとき見つかる事もよくある話で、とはこの事。最近、日々の様々なシーンでその言葉を思う。
[PR]

by red_rebel | 2008-05-24 12:54 | Diary of HEAD  

<< OBLIVION DUST/『... 錯乱という名の休息 >>