憤り

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆



HPにもある通り、先日に決定し告知もさせて頂いた7/12・DRUM Be-1でのSHOWは会場側の一方的な都合によりキャンセルとなりました。


僕は静かに、この胸を揺らす感情を素直に受け止めようと思う。


怒りだ。


ライヴハウスもボランティアじゃないし、毎月のレギュラーにこそ活躍の場を与えていきたいという姿勢には納得がいく、けれど決まった後でそれを主張されどう弁解されようが、極めて杜撰なブッキングシステムであったことに変わりはない。
バルザックとの対バン云々という、それ以前の問題でしょう。

その代わりに別の日程と言われても、俺は怒ってるんだ、それどころじゃないと思った。
歴代メンバーや僕だって、約4〜5年もの間休む事もなく精一杯やってきたんだ。ブッキングの電話にでたくなくなった時だってある。
その休む間もないスケジュールをどうこなすかに全てを費やしていた、だから、念入りにミーティングをし、たった3ヶ月に1本のスケジュールでも、たった3ヶ月にセッティング込みで40分という短い時間でも、1本を大事に真摯に臨む今がある。

けれど、もう許そう。



高校生の頃、就職試験で泊まったホテルからみえたBe-1、ライブハウスなんてない場所で育ったこのロックキッズの胸は踊ったよ。
けれど哀しい現実、、、


僕はライヴハウスにすら夢や希望を与えられるReveRを目指したい。
今はそれしか言えないね。
[PR]

by red_rebel | 2008-05-08 01:03 | Diary of HEAD  

<< 別府より愛を込めて GW最終日 >>