レヴェリズム

俺はロックンロールエンターティナー、愛と情熱、煽動と煽情、陶酔と躍動…
ロックンロールを確立されたエンターテイメントとして発信するReveRの代表・HEAD☆


ReveR Music.Comの4/26のメニューを見ながら、1st Stageのことを思い出していた。

あのSHOWも、もしからしたらステージ上の4人だけの力ではなかったのかも知れない。
正直な話、自信がない訳ではないけれど、あの1st Stageが通常ブッキングだったなら、、と思う。
もしかすれば、ステージ上も同じように進まなかったかも知れないし、オーディエンスが受けるものも違ったものになっていたのかも知れない。

と言いながらも、終わった事に憶測を立てても仕方がないのだが、考え方によっては可能性が広がる。
あのモースタでは味わえなかった、空気感や感動や、正に冒頭の六つの言葉が、曲目を視線でなぞるだけで蘇る。



次のステージまでに、僕たちはどれだけ成長できるだろうか、楽しみだ。
[PR]

by red_rebel | 2008-04-30 23:50 | Diary of HEAD  

<< チョ−サイコ− 髪を切るということ >>