一月の終わりに

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍する颯爽たるReveRの代表・HEAD☆


一昨日から、シンセサイザーのみで作曲をしている。これまでは現行の楽曲へキーボードパートまたはトラックを付加するだけの目的で使用していたが、iTunesに残っていたあるオリジナル楽曲を久しぶりに聴いたのを切っ掛けとして、今朝まで少しずつ作業をしていた。
まるで子供の頃に憧れていたアーティストの楽曲を聴いた時のような、パワーとインスピレーションが溢れ出す感覚は健在で、本当にこれを自分が作曲したのだろうかと思えるくらい。

この曲を聴くといろんなことを思い出す、特に辛かった経験が洗い流されるような感覚が強くて、ハードトランスなアレンジとは裏腹に優しく響いてくる。
こんな素晴らしい楽曲を生み出す事ができるのならば、一体、何を苦難と呼ぶだろうか。


これからたくさんの人々に聴いてもらえるように、、、
久しぶりに青空の覗く空は気持ちがよく、とても良い朝だ。
Good Morning☆
[PR]

by red_rebel | 2008-01-31 08:45 | Diary of HEAD  

<< 音は楽し それでも僕は… >>