唇が鼓動を刻む夜

今はまだ、幸か不幸か未だ何も掴んでいない自由な今を、どう生きるべきかと考える。自分にまだ足りない経験は、一歩踏み出さなければならず、繰り返しでは得られないものだ。
この先に待っている春には、と思う。新しい生活を始めたい。
だから今は悩む、乾燥した唇が脈をもったかのように、心臓から鼓動が伝わってくる。

寝てしまいたいのに眠れない夜が始まった。
[PR]

by Red_Rebel | 2008-01-19 00:30 | Diary of HEAD  

<< 感謝の気持ちを忘れず 現実はどうあれ、 >>