病み上がり

昨日は、風邪で朦朧としながら一年前のダイアリーを見ていた。人生どうにかなっていくもので、幸いかハッキリとその苦しみを覚えてはいないのだけれど、やはりダイアリーの明るく振る舞った文面が、皆の$hinyaで在り続けようという気持ちが思い起こされ、客観的に辛かったのだろうなと見受けられた。
そして思い出すのは『PRAYER-祈-』のデモを完成させた日でもあるということ。2006年に残した祈の傷跡は、2007年には輝く星になっていろんな人に聴いてもらえたし、その大きな切っ掛けをもたらしてくれた。

だから、俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り、鮮やかに活躍し続けるReveRのHEAD☆
その事実こそが、自分自身へのプレゼントだと思いたい。


今朝は少しフラフラとした感じだが、顔が浮腫んでいてウカウカと寝てもいられないかなという気分になる。
大掃除をちょっと終えたところで具合が悪くなったから、まだまだ終わらない。
ぼちぼちいくかな。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-12-24 10:23 | Diary of HEAD  

<< ReveRの御加護を アイデンティティの確立とモラトリアム >>