多謝

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍し鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆


冒頭の決まり文句だと、いつも脳天希に捉えられそうだが。

運送屋の人と飯を食ってきた。ジョイフル、近場だ。
別に他人にどう思われようといいのだが、オレは成功した後でも月1回でもイイから今を思い起こすことをしたいと思っている。それは雨に塗れてバイクを走らせたり、全国チェーンの牛丼やインスタント製品を食ッたり。運転手付きのイイ車を所有したとしても、専属のコックがいたとしても、必ずそういう時間を作りたい。

最近はいろいろとトラブルがあった人だったから、てっきり愚痴を聞くつもりでいた。
けれどやっぱり俺はまだまだ僕ちゃん、10年も長く生きている人の前ではそれを実感する。
なんか自分の意見を述べるつもりが、ここ一年の経緯を語り尽してしまった。
それでもドリンクバーやデザートを笑顔で勧めるこの人は、本当は誰よりも強い人なのではないだろうかと思う。大きい人間でないかと思う。
自分より遅い入社で自分より若い上司に、さん付けで時には敬語で愚痴愚痴と言われる。それでも笑顔で、本当は打ち撒けたいであろう自分の心の内をさておき、僕のような者の話を聞いてくれるこの人は、失敗は多けれど、精神的な面で素晴らしい人材であると思う。


からっぽのような感覚の俺の中に、新たに何かが注ぎ込まれた。
いつか必ず恩を返したい、多謝。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-12-21 22:56 | Diary of HEAD  

<< アイデンティティの確立とモラトリアム 緩めのブラックを飲みながら >>