緩めのブラックを飲みながら

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかに活躍する自由なエンターティメント組織・ReveRのHEAD☆


全盲のテノール歌手が歌うアメイジンググレースが優しく響く。ここは昨夜に日記を付けたあの部屋と同じ、オレの部屋だ。
眠れなそうで寝付きは良かった、朝方に何度か目覚めはしたがいつの間にかまた眠っていた。多分、人並みに感じないだけで、ホントは年末も手伝って僕も忙しいのだろうと思う。
透明のグリッターコートを爪に塗り、キーボードを打つ指がまだ乾いていないそれを気にしている。

今朝は大掃除用に買い物しようと思う。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-12-21 09:26 | Diary of HEAD  

<< 多謝 現実とエネルギーのギャップ >>