no thank you

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに鮮やかに活躍するReveRのHEAD☆


いつものように7階で降りるとエレベーターの角を曲った。その先にはたまにいる生命保険か何かの女性が立っていた。
その女性の姿が見えた時、今日の異変に気づいた。顔がぼやけてハッキリと見えない。
ライヴの疲労のせいだろう、稀に疲れが眼にかかることがある。

気を使うなとよく人から声を掛けられるが、解らない。自分が気を使っているということがどういうことか解らない。強いて言えば、オレは自分のことしか考えていない。
お気遣いなくという意味合いの言葉は、日常でそれほど多用されるものなのだろうか。



自分を大切にするということはどういうことだ?
[PR]

by Red_Rebel | 2007-12-19 11:11 | Diary of HEAD  

<< 爆発する太陽 愛しき日々 >>