また一つ前進する

オレはロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆け巡り鮮やかなに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆

一体どう在れば、ああいった『迷える小羊』たちを赦そうという気持ちが持てるのか。彼(ら)の望むものは交友関係の妨害か、オレやバンドの失脚か、それにしても稚拙で哀れな行いである。
心配しないで欲しい、もしそれらが目的なら完全に無意味でオレはもはや止まるつもりはないのだから。
愚劣なことは考えるだけやるだけ無駄なことだと、早く彼(等)に気づきを与えられますよう。


さて、以前なら音楽なら音楽、プライベートならプライベートと、より良くする為に努力する事はそれぞれ違うことだったと思う。二兎を追うもの一兎も得ず、などと考えることもあったわけだが。
だが今日になって、2つもしくはいくつかの道が交わりトータルでの人生の目標として、やるべきことが絞られてきたような気がする。
つまり音楽にしてもプライベートにしても、ここから更に前進する為にやることは同じだということだ。そのようになったと感じる。

様々な経験を通して、ひとつの、オレの人生オレの宿命へ向けて歩き出した訳だ。
そんなことに気づいた今日は、少し嬉しかったし、まぁ簡単なことではないのかも知れないが喜んで受け入れたいと思う。



しかし、ああいったネットの小羊に僕がしてあげられることと言ったら、赦してやるという寛容な姿勢でいてあげることぐらいである。
あとは、本人が気づいて欲しい。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-11-23 01:57 | Diary of HEAD  

<< 放たれるメッセージ スタジオ帰り >>