天より降り立った蜘蛛

斎場のロビーで弟なんかと話しながら、たまに天井や窓の外に目をやる。ふと、天井の中央にあるエアコンの辺りから一匹の蜘蛛が降りてきた。

特に悲観している訳でもなく、どちらかと言えばよく解らないという感じでいる。インスタントのコーヒーにお湯を注ぐと少し変な匂いがしたが、飲んでみると普通だった。

何となく仕事でミスでもしてないかと気になる。あったとして、過ぎた事。俺はまだまだ子供なんだな~。


天井から真っ直ぐに降り立った蜘蛛は床に施された太陽の破片に差し掛かると、そのままジッと静止した。
糸は目に見えない。

アンタは天の使いなのかい?
[PR]

by Red_Rebel | 2007-11-15 01:11 | Diary of HEAD  

<< 永遠を知るということ まるで純粋な子供のように >>