黒い巨大な鳥

オレはロックンロールエンターティナー、ReveRの代表・HEAD☆


結局2時間しか眠れず、それからどうにも眠れない。
今は休息なんか必要無いんだろうな、あまり。また今夜はスタジオで遅くなると言うのに。
何かを始めなければ、何かを。

書く事でもいい、ギターを弾く事でもいい、何かをしなければ。地球はまわっている。
この焦燥とも言える感覚の答えが、必ずしも現実的にギシギシと生きる事とは思わない。
7年ほど前、オレは長男だからとか悲憤慷慨しながらサラリーマンをやっていた。仮にその時に結婚(実際は男女交際などする余裕もない毎日だったが)でもしている状況であれば、家庭があるからと言ったに違いない。
周りから見ても当然のことだと思われるだろう、だけど結局決めつけているのは自分自身だ。自分次第で如何様にも変えられるのに、自分の思い込みで運命を決めつけて苦しんでいる。
かと言ってやりたいようにやり尽くしても、やはり苦悩している。

その答えをより不確かなものに追いやっていくものは何だ?リュウが見た鳥、それと同じものかも知れない。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-24 05:38 | Diary of HEAD  

<< 輝ける未来の星たちへ捧ぐメロディ 月光 >>