本質は

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍し鮮烈な光を放つReveRの代表・HEAD☆


スタジオ帰りだ、腹減ったな〜最近、演奏レヴェルやアンサンブルの向上を実感せずにはいられない。
ようやくまとまりだしたかな。
以前に比べると動きは制限されてきたが、表現の幅は広がってきている。アクションが少なくなっているのは否めないが、ギターを持ち出してからプレイすること自体をパフォーマンスとすることが一つの目標であったので、今はそれでも良いと思える。
好きなバンドのライヴ映像などを冷静に観ると、思いのほかジャンプやキックなどといったアクションが少ないことに驚く。それでも充分に魅せることは可能なのだという発見であった。規模がデカくなればそれだけ演出もゴージャスにはなってくるが、彼等をオレ等がライヴ活動しているハコで観ても同じように感銘を受けるだろう。

今年はそういった部分が鍛えられてるな。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-21 01:48 | Diary of HEAD  

<< 資本は想像力と創造力 ひたすら >>