ReveRの時計

オレはロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに活躍し鮮やかに輝き続けるReveRの代表・HEAD☆



仕事が終わると、いろいろな思考や気持ちが交錯をはじめ渦をまき頭をぐらぐらとまわされているような感覚に陥る。何かを始めなければ、無難なことではもう足りない、そういう所まできている、そんな気がする。
ピアノの旋律がエンドレスで鳴り響く。中学生のころよく聴いたCDに入っていたナンバーだ。張り詰めたピアノ線が切れる、またメロディが流れ出す、それをバイクで乗り出すまで繰り替えした。

何故、ふとあの曲が流れ出したのか解らない。
本当に今できることを、今を生きる事からしか始まらない。
人生、あの張り詰めたピアノ線のようにいつ事切れるか解らない。そんなことを考えながら生きても仕方がないが、どちらにせよ時間は限られたもの。


ReveRの時計は動きだし、刻一刻と時を刻み続ける。
オレが受け入れた瞬間から、全てが始動するのだ。
時間軸の主導権を握れ。
心臓の鼓動が刻む、それがすべてだ。強く強く、今ここに生きている何よりの確証だ。




さて、ギター弾こっと( '∇^*)^☆♪
[PR]

by Red_Rebel | 2007-10-17 22:40 | MorningStar/ReveR  

<< 男はいつも淋しいヒーロー 1 >>