新曲のリハ

俺はReveRの代表・HEAD☆ワールドワイドに鮮やかに活躍するロックンロールエンターティナーだ♪


今夜はスタジオ。最初の信号渡ったあたりで、ストラップを忘れたことに気付き戻った。面倒だったな。けど、遅刻はしなかったからそれで良し。
ピックアップを変えて直ぐのリハーサルだったから、音作りがね、難しかった。
まだまだ試行錯誤は続きそうだが。

後半は新曲のリハーサル。曲のイメージは何ヶ月か前から固まっていたので、後はリリック(歌詞)だけだったんだよね。
基本的に明るい曲やバラードは、普段から口にするような言葉を連ねて伝わりやすく綴るのだが。
激しい曲とかはちょっと違った表現をするようにしてる、と言うかそうなっちゃう。

あまりカッコ良い言い方ではないが、前者は手紙みたいな感じで、後者は…小説というか、もっと詩っぽいというかね。

今回の曲はポップだが、お得意のEマイナーキーでリフがゴリッと絡む感じで。
どっちかと言うと後者にあたる訳だ。
とは言え、これまでにない感じの曲だよね。前期のモースタなら、メンバーに聴かせる前にボツにしてたと思う。コンポーザーとしてコダワリが強かった時期だから。


楽しみなんだけど、やっぱレクチャーしながらヤリ出すと恥ずかしくてね。
だいたいはデモ作ってメンバーに覚えてもらっててのが基本だし、その場合ほぼ完成形で渡すから、自信もある訳。
結構、恥ずかしいよ〜いきなり一人で 最初はこうで とか言ってギター弾きながらやるんだもん。でも、クスミ(初代ギタリスト)とやり出した頃ってそんな感じだったしね、懐かしい感覚でもあるよね。

だいたいのレクチャーが終わると、あ、俺が恥ずかしがってちゃ始まらない、とか思って。楽しんでやる方へ意識をコントロールしたんだけど。
その甲斐あってまたカッケ−のができそうです。
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-23 02:28 | MorningStar/ReveR  

<< 柔は剛に勝ち、弱は強に勝つ。 輝く季節が永遠に変わるまで >>