真夏の渦

俺はロックンロールエンターティナー、ワールドワイドに多分野に、鮮やかな閃光に輝くReveRのHEAD☆


昨日は蒸し暑かった。
真夏のような気候、湿度が身体に絡み付いて、重たい機材を持ち歩いた俺の身体からの熱とその湿度との間に挟まれたらどうなるんだろうと思う。
夏を嫌いになるんじゃないかと思った。


昨夜、寝る前に色んなことを考えていた。思考はしがらみ、考えたって解らないのが人生だと言うのに。
ただ、人としてそうやって考え悩むことも必要だと思わなくもない。

渦だ、考え出せば徐々にその渦に巻き込まれて、だんだんと自分はとても弱い存在なのだと思えてくる。
ネガティブとは違う次元で、俺は自分自身の弱さをひとつ覚えたのだ。

しかし、それも一時の恥。そういった時を経て、その先にしか輝きは表れないのだ。
だから、スタジオで遅く就寝したはずなのに今日はいつもより30分も早く、気分よく目覚めた。



起きて間もない時間、オークションを観ていて、割りと良い値段だったので入札したら、即決されてしまった。
はッ?とか思ったけど、嬉しいハプニングだったな。


今日も輝いて生きましょう☆
[PR]

by Red_Rebel | 2007-09-20 09:29 | Diary of HEAD  

<< 新天地へと 初っ端はハードだ。 >>