PRAYER


オレは超一流のRock'n'Roll Entertainer、世界を股にかけるReveR-Entertainmentを代表する.

Headだゼσ( ^ー゜)♪


PRAYER、遂に公開になりました☆
マイスペースやってることを知る人など、ごく一部であるのに関わらず、一日で結構な再生回数で…ありがたい限りだね!

今回の楽曲はこれまでよりも歌がクリアで、歌詞をリスニングしやすい仕上がりになっているのだけれど、そこがモースタの成長の、ひとつのカギでもあると言えると思います。
演奏した本人でさえ客観的に聴ける仕上がりなので、聴きながら自分でどう言う事を歌っているかって言うのが凄く解るんですね。
マスタリングッてそういう作業だから当たり前、そう思う方もいるかと思うんだけれど、大事なのは本人が気付く事だと思うんですよ。

何を歌い、何を伝えるのか。そこが明確となったのが、ポイントだと思うんです。


正直、今回のPRAYERの発表で、モースタ変わっちゃったな〜と感じる人もいると思うし、そこはオレ等も否定するつもりもないんだよね。

ジャンルと言うか、一つのバンドがムーブメントを起こすにはその入口が必要だと思うんです。
ブルーハーツがいなければ、もっとパンクを好きな人ってのは日本で稀少だったかも知れないし。例えば、の話ね。


そして、それなりに人数もいる。
入口が閉ざされていたら、当然入ってくる者はありません。

ライヴハウスのドアは簡単に開くよね、チケット持っていればロックが好きだろうが何だろうが、入れます。
ただ、一般の人がいきなり来て、バンドとオーディエンスと言う一つのコミュニティに足を踏み入れるとなると、そんな簡単な話じゃないと思うんだ。

いやぁモースタは最強だから大丈夫、なんてただ演奏すれば良いとレヴェルじゃないんですよ、現実的な話。オレ等に限らずだけどね。
一般の人ってのは特に、ノリより歌を大事に聴いてるから、やっぱり"歌"って言う部分がカギだと言うのはまんざらでもないかな、、いや、確信ですね。


ライヴハウスシーンを代表してとか、パンクバンド代表してとか、そんな大それた話じゃないんですよ。それだったら、福岡や日本国内にもたくさん良いバンドがいるじゃないですか?

MorningStarの世界を拡げたい、それだけなんだよね☆
だからその入口を開ける為にも、少なからず変わる必要があった、成長する必要があった。

せっかくなら、たくさんの人と楽しみたいし、出会いたいじゃないですか。
モースタ☆ロックという、ひとつの音楽を通して。


ちなみに曲を書く時は、何も意識せずにインスピのままに書いていったよ。
これらのことはすべて、演奏しながらこの曲に気付かされたことです。





PRAYERとは祈りと言う意味なんだけれど、祈りってのは神頼みではなくて、肯定的な姿勢を指すんですね。
一部の歌詞が、過去を悲観的に捉えてるように受け取っている人もいるかも知れませんが、過去があるから今があるし、今を精一杯生き抜いてこそ過去は輝くものだと思います。

かなり長文になったが、オレ達はすべてを前向きに捉えていますよ。
どうもアリガトウ!!
[PR]

by Red_Rebel | 2007-06-26 07:08 | Diary of HEAD  

<< ツイてるよ ENJOY♪ >>