オレはロックンロールエンターティナー

朝からギターを弾き倒す。
昨日まで思いもつかなかったフレーズを創造し、それを再現できたことの喜び…

また一日をあくせく過ごせば、それは小さな喜びとなり、見つけだせないほどに埋もれてしまうのか。
刻一刻と、また社会へ出向く時間が近付き…

いや、よそう。
その小さな喜びを大切にしよう、毎日、その為に苦悩し葛藤していたが、もうそろそろそんな日々にケリをつける日がやってきた。
小さな種を蒔く事からはじめ、これまでのプロセスでいくつもの"気付き"から学び、こうやって進んできた訳だ。


オレはロックンロールエンターティナー。
小さなことは受け流し、大きく生きよう。

毎日会う人々は、街は、オレに何を教えようとしている?
プロセスからの学びに基づき、悪い事でないのは明確だ。でも一歩、その真実へと近付けないのはまだ、オレがオレ自身を恐れているから。

何かが、大きく変わり出すことを懸念しているから。どこかで、心のどこかで。
あと一歩、そこで到達には至らないが、何かの境界線を超える一歩。大きな一歩だ。


これまでどれだけ必死な思いで生きてきた?もう苦しむ必要はない。
オレたちは幸せに満ちあふれた日々を送る為に、生まれてきたのだ。



[PR]

by Red_Rebel | 2007-04-03 09:52 | Diary of HEAD  

<< Spread Your Wings ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ >>