開け

紅的自伝、ようやく書き出した。カウンターを見たら、-4日(笑)

思いのほか、イベントによる疲労が酷くて。休めって警告が出てたもんだから、スタジオは週末一回に。
メンバーだってそうだろうからね。


_最近、俺の周りの子供達の痛みに気付く。
見た目は大人、でもみんな、心の中にインナーチャイルドなる子供心を持っている。
俺にだってある。

そのインナーチャイルドの叫び、痛いほど解る。俺も経験してきたことだ。

今の彼等に、頭ごなしに哀しむなとか苦しむなとか説いても無駄な話で、いつかはそれで良かったと気付くにしても、その気付きのプロセスを理解して臨まなければ、ただ刺激してしまうことになりかねない。

だって、その先に良い事があると解っていても、俺は占い師じゃないし、子供達もそれを望んでいないはず。


物事が起こった→これはこういうことだ、とすぐに理解できるなら、人間助け合いなどいらない。
必ず、物事の後に感情が発生する。その感情だけに捕われるなと言っても、解るはずがない。人間だから、生きてるんだから、その感情を否定するような言動や態度を取ってはならない。


苦しんでいる現状を目の当たりにして、俺には何ができるか。
そっとしておくことも大切なときもあるし、勇気を持ってコミュニケーションすることも大事だ。
ただ干渉すれば良いと言う簡単な話ではない。


もっとリアルに、彼等の"今"を捉え、向き合っていく。
それが一番、大事というか、俺なりにできることではないかと思う。


そして、いつかは"気付く"その時までを見守り、支え、促していくことだと思う。



大丈夫、道はもうすぐ開けるゼ(^▽^)/
[PR]

by Red_Rebel | 2007-02-23 09:39 | Diary of HEAD  

<< Interview with.... イベント後 >>