顔の見えない面接

最近、メンバーを募集している関係で、何人かの応募者とやり取りをしています。
現時点ではスタジオに入るまでもなく、メールでのやり取りで終わってしまうばかりですが…

こちらの求める人材、あちらの求めるバンド…
それぞれコダワリなどもあり、互いに譲れない部分というのは少なからずあるもんです。
また、そうやってやり取りすることで自分のバンドへの意識が高まり、その気持ちを再確認することもあります。


人材を獲得するには至らなくても、そういう意味ではイイ経験じゃないかと、前向きに考えてますけどね。


現状(トリオ)でもやるべきことは当然あるんで、そっちを重点において、地道にさがしていくつもり。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-11-30 14:14 | MorningStar/ReveR  

<< "D" Welcome Home >>