素晴らしき明日へ

友よ、相変わらず元気そうでなによりだ
手紙をアリガトウ
俺はと言うと、出発へ向けて準備してるとこさ
次の駅はちょっと遠い
準備も簡単にはいかないね

でも、、もうすぐだ

人は誰だって、綺麗なままでは生きられない
俺は裏切り者になっても、君等が変わっていくのは見ていられなくなった

いや、さっき相変わらずだと言ったばかりだね
これから変わっていくのを見たくなかったのかも知れない

綺麗なままでは生きられない、でも汚れ方は選ぶ
俺の信念だ

だから、、、俺も変わった


目的地が同じでも、人それぞれルートってヤツがあったり、スピードだって違う
もし目的地が違っているなら、それは問題外の話だよね

この船の舵は一つだ
舵を握るのは一人だ
だから、悩んだ
ちょっとキツイから誰かと代わるなんて、器用な真似ができる人間だったら、話は違ったろう
でも、その時点で、俺が俺である意味はなくなってしまう



友よ、素敵な駅を見つけたみたいで何よりだ

これからは俺は違う道を行く
アイツは意外にしっかりしてるから、大丈夫
ついてきてくれるだろう

そして仲間もいる

そして俺は、自分に正直に生きていくよ


素晴らしき良き、友よ
2度と会う事はないとしても、忘れないよ


アディオスアミーゴ
[PR]

by Red_Rebel | 2006-09-06 21:56 | Diary of HEAD  

<< 気つかわないで、でも邪魔もしな... 謙虚なお前にリアルロックを >>