買い物へ行こう!

高校一年の頃、古着ブームだった。あの、NIKEとか流行った頃ですね。
友達は熊本市内へ服を買いに行こうと誘ってくれた。

しかし、せっかく誘ってもらったのに、俺は楽器屋でギター関連のものを買った。
友達は結構ひいていた。(ただし、この頃住んでいた町はお世辞にも楽器屋と呼べるものがなかったため、取り寄せてもらうまで長期間待つか、通販するか、熊本へ買いに行くしかなかった)


東京で働いていた頃、初めてのボーナスをもらい、同僚は渋谷に服を買いに行こうと誘ってくれた。

しかし、俺は断って、御茶ノ水でギブソンレスポールを一括で買った。


何ヶ月か前、東京に行った。
博多のBROTHERは、東京のパンク系ショップに言ったかと聞いてきた。

否、俺は羽田に降り立ち、そのまま渋谷の楽器屋へ行き、BOGNERのアンプを買い、そのまま博多へ帰った。


それぞれのエピソードにおいて、せっかく行ったのに勿体無いと言う見解をもつ人が大半で、普通だと思うし、実際そう言われたが、そこは価値観の違いじゃないですかね。


これで良かったと思ってるし、だから今現在の俺があるんでなかろうと。
お洒落とかに金をかけるのは、別に成功してからでもいいと思ってるからね。
[PR]

by Red_Rebel | 2006-08-02 10:04 | Diary of HEAD  

<< 運命はこのようにして扉を叩く 交響曲第69番 >>