海を渡る

アメリカではまったく受け入れられなかった、結成当初のストレイキャッツが、イギリスに渡ってようやくヒットしたのは意外に知られてない話だと思う。

ストレイキャッツはあのブライアンセッツァーのバンド。

別にストレイキャッツの話をしたい訳ではない。
バンドに限らず、活動する場所って言うのも一つの大事なポイントだと言いたい。


じゃあ俺らモースタもイギリスに行きます!

と言う訳にもいかないが(笑)それにはそれなりの準備が必要だし、俺には福岡・九州でやるべきことが残っている。

それに付いてくる人だっている訳だから、俺自身、バンドマンとして、男として、人間として、もっともっと成長しなければならないしね。

もしかしたら、日本のどっかかも知れないし、アメリカかも知れないし、、、福岡・九州かも知れない。。。

何だかンだ言っても、まだそう言う計画があると言う訳ではないので誤解なく。同時に、俺は計画・準備を事前にしてなくても、いきなり実行してしまうO型人間だとも、断っておこう(笑)
[PR]

by Red_Rebel | 2006-07-26 09:54 | Diary of HEAD  

<< 叛逆の叫びと共に FLY HIGH >>