やってやれないことはない、

先々日は紅いスポーツカーを何度も見た。運送屋から帰宅する途中、信号待ちしているRX7サバンナも見た。真っ赤でね。高校の頃、一個上のヤツがいつも兄貴のRX7サバンナで学校まで送ってもらってたんだけど、あん時は憧れたよね。頭文字Dとかって、ちょうど連載はじまったくらいじゃなかったかな?
で、先日はシルバー色の高級車をよく見掛けた。BMのコンバーチブルも何台か見た。

先日シボレーカマロがどうとかって書いたよね、なので意識してたのか分らないけれども、どれにだって乗れるぞって気持ちは全然衰えてない。
凄く車好きとか言う訳でもないし、買ったとして必要以上にお金をかけようなんて思わないんだけど、どちらかと言えばね、やっぱり、これ乗ってる時とか人と待ち合わせしてこの車から降りてきた俺ってどうだろうっていう客観的なイメージ、そっちのほうが強くて。何と言うか、今目の前走ってるコルベットに乗っている自分をイメージしてみるとか。

ホントね、現状でそんなの買おうなんて全然リアリティのない話ではあるのだけど、例えばですね、なにか芸術で開花して成功するとしてね、どこまでいくのってとこをある程度決めとくっていうのは変な話ではあるかも知れないんですけど、例えばこの車を乗りまわせるってことはって仮定して、じゃあこのくらいの生活レヴェルかとか、じゃあこのくらいの経済力かなっていう、、ホンにまだまだ漠然とはしとるんやけどな。そういう大まかなライン引きいうの?、しとると思うんや。
じゃあそう成る為にはどうしようかって感じで。

そうでなくともね、車って良い目標というかね、だったりするんですよね。
トウキョウは羽田でジャンボジェット機にコンテナ積んでたときさ、本当はトウキョウで車持つつもりでね、俺。で、ローンとかダメだよって家系(ダメってことはねえんだろうけどさ)なもんで、それこそ一括で買えるくらい貯金してたんだけど、結局ほどよく貯まったところで退職→それから福岡へ。貯まったお金の使い道は車じゃなくなったけど、ホント、福岡来ての数年間、長いことね、音楽に専念できたのはそれが良い資金となってくれたから。多分ね、それなかったら、いくらこっちで生活が幾分楽とは言え、きつかったんじゃないかな、きっと創造するもののクオリティも違っていたかも知れないですよね。

まあ線引きと言えばね、音楽の、それこそクオリティにしてもそうですよ。要素だとかテクニックとか、取り入れたり修得したりって限界もあるとは思うんですけど、こだわり出したらキリがなくなったりもして、どこまでいくんだって指標はやっぱりアタマの中にインスピとして浮んだ楽曲やイメージが握っていて。
そこ掴めてないとね、例えばギター練習してた時もそうですけど、速弾きだスウィープピッキングだ次はクラシックの名曲をエレキで弾くぞと、もっともっととなっていって、ホントは今ある自分の楽曲やイメージで収まらないくらいのものを詰め込む域までいつの間にか行ってしまってね。まだ浮んでもないイメージや楽曲のために時間を浪費しまくってたりもしてね。

そういう経験も思い出しつつ、置き換えて考えつつ、街を走る車を見ていました。
ただ漠然とロックスターに成りたい、きっとその出会いというのは非常に少年の心をグラスプするはずだし、決定的な瞬間とも言える訳です。
けれどもその夢に向かっていく課程で徐々に進化もすれば、自分の限界もわかる。そうやって様々な経験を通して学び、夢も少しずつ具体的なものへなっていくのでした。

まあそんな格好つけたことよりもね、まだいつかカッコイイ車乗ってやるからなって思える、そのモチベーションが自分にあること、嬉しいことだと思います。もちろん車じゃなくてもいいし、それだけじゃないんですけど。

同時に物質的なものに焦点が行き過ぎるのもいかんとは思いますけどね。
きっと乗れるよ。

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-13 06:55 | Diary of HEAD  

<< 当てのない旅 「そこなんよ、ポイントは!!」 >>