バンブルビー

_オレは、ロックンロールエンターティナー!!
世界を縦横無尽に駆巡り鮮やかに輝き続けるReveRライトワーカーHEAD☆

少し前の話になってしまうのですが、「トランスフォーマ−」という映画がありまして、先日実家で友人と二人で観賞しておりました。
男の子なら割りと知ってる人も多いかと思うんですけど、もともと僕らが小さい頃にTVアニメが放送されていたんですね。「トランスフォ〜ム!!!!」キコカコとか効果音がなって、乗り物などが変型してロボットとなり闘う訳ですが。
映画は以前も一度観ていたんですけど、友人をどう持て成すかなと考えているとふと弟のDVDが眼にはいったので、適当に再生して観ていました。友人も車屋さんを営まれており、そのアニメも御存知のようでした。

主人公がボロいシボレー・カマロ(車)を購入するところから始まったと思うんですが、実はその主人公を守る為のロボット(エイリアン?)だったという設定で。
で、まあ正直話すとストーリーとかはどうでもいいんですが(もちろん面白く、戦闘シーンは感動モノでしたがここで話題にしたいのは別という意味です)、途中そのカマロがボロいみたいな話になって、途中から最新型(2009年?)のカマロにチェンジするんですがね、エラいカッコイイ訳ですよ!!
ホント嫌味なくらいのイエローのボディで、ボンネットに2本のラインが入っているヤツなんですが、それまでのカマロのイメージと全然違う訳です。相変わらずサメっぽい、悪人面ですが(笑)でも新しいヤツは凄いカッコいい。
映画の途中でボロいカマロが新しいカマロに変るシーン、意外と車に詳しい友人や仕事先の同僚などもコルベットにチェンジしたのだと思っている人は多くて、実は車にあまり詳しくもない僕もそうなのだと思っていたんですが。

たいてい、「カッコいいね〜けど維持するのが大変」と言われて終わってしまうアメ車の話題なのですが、やっぱり乗り回してみたいですよね。

やっぱ社長になるしかねえな。(←短絡的)
でもあれですね、僕がアメリカ製のブティックアンプを買ったときもさ、結構単純というか、ホントそういう思いつきに近い感じで、ふとした時にチャンスというか、入手する機会も巡ってきた訳で。
もちろん夢語るばかりではなくて現実的に考えることも大切ですよね、けどそれが過ぎると結局無理なんじゃんってところに行着いてしまうので、思い切りも大切なんだと僕は思います。
例えばギターアンプに関してはね、良い音するし感動もするんですが、やっぱり買ってからは鍛えられましたよ。それに相応しい力量だったり、維持していくことだったり、でもね、その厳しさも痛感しながらも、やっぱりなるようになっていくものなのだと思いましたね。

逃げたくなるようなときがあっても、夢とか希望をもつことって大事だなと改めて思います。


-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-06-09 06:09 | Diary of HEAD  

<< 休みとれるかね 神秘的な、あまりに神秘的な >>