目覚めへの誘い、愛の誕生、そして到着。

_オレは、ロックンロールエンターティナー!!
世界を縦横無尽に駆巡り鮮やかに輝き続けるReveRライトワーカー☆Sinya


今日は久々にMY CHEMICAL ROMANCEとCRY-叫-を聴いています。透き通ってるね、突き抜けてるよ。
ああ凄ェ歌いたくなるよね〜やっぱ俺は歌っていなくちゃダメなんだと思う。ギターも弾きたいね。

"君に話したパンクロックが今でも俺に勇気をくれる"

胸を打つね、グラスプされるね。
もう少しだけ浸っていよう。


_さて、今朝はユニオミスティカードというカードのオンラインリーディングを利用してみました。
使い方はエンジェルオラクルと似たようなもので、質問の過去・現在・未来という3枚のカードでリーディングするものでした。
タイトルにあるように僕の質問に応えてくれたカードは、目覚めへの誘い、愛の誕生、到着の3枚。質問の内容は言いませんが、おおまかに言えば自分との関連性について、でしょうかね。

過去を示す「目覚めへの誘い」は、目覚めて鳥かごから飛び出せというようなメッセージ。
現在を示す「愛の誕生」は、主に有りの侭の自分でといったメッセージ、だと思います。
その中にあった印象的な言葉は、
新しいものに出会うとき、人は誰しも不安を感じ、先がわからないものに対して恐れを感じるものです。でも、それは、とてもナチュラルなことではありませんか?
不安な気持ち、わからないことへの恐れ、戸惑い…すべて自然な現象なのです。


頑張ることを強いず、それはナチュラルだという言葉はとても優しく、新しいものに感じました。
もちろんそういった不安や恐れの中にいる状況がずっと続くのは良いことではないかも知れません。
けれど最初から攻略が難しいという先入観をもって開けようとしていたドアは、実は最初から開いていたのかもね。そんなことを思うんだよ。夢とか、恋愛とか、いろんなことに言える話だよね。

未来を示すのは「到着」。
僕らは何故頑張るのでしょうか。あらゆるヒーリング系のメッセージには豊かさは既にあるというものが大抵含まれているのですが、僕は正直それがわかりませんでした。
例えば、僕らよりずっと上の年代については物質的に貧しい時代に育ち、物質的な豊かさや安定を手に入れることが目標であったとすれば、その中に生まれた僕たちはどこに向かうべきなのかと思うのです。
僕はこれまで常に自分にないものにフォーカスしてそこから突き上げてきたのだと思う、音楽にしても生活にしても。先日話したアドラーの過補償に妙に頷けたのもそのせいだ。
けれども今、もはや劣等感から突き上げても新しいものは創造できない気がする。というか、むしろ、これまでお前が創り上げてきたものを生かしていく時期なのだという気がしています。
だからね、大学とか行くのも(通信なので主に独学ですが)、自分にあるものを生かして楽しんでやりたいと思っている。そういう意味でも文学を選んだのは正解だったと思います。

最近入った若いドライバーが小説を書いて応募したことがあると話しかけてきて、実は俺も書こうと思っているんだよって少しだけ話が盛り上がってね。まさか仕事中に芥川先生の話とか、できるとは思わないから凄い楽しかったよ。バンドのホームページで連載したらどうですかって、ああ俺もそれは考えていたとか思って、確かに連載から音楽に興味がいくってこともあり得るわけじゃん。

ずっと僕らは頑張ってきたけど、実はあらゆる意味で到達点にいて、そこから広げていこうぜって場所にいるのかも知れない。自分に返る、原点回帰、僕は到着とはそういう意味のように思う。

きっとすべて大丈夫。

-ブログランキングに参加しています!!-
皆さんのクリックに支えられています(バナ−(画像)、テキスト(文字)、どちらのクリックでもOK)☆今後とも宜しくお願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
☆Sinyaのmixiプロフィールへ
mixiプロフィールへ



いつもアリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-04-09 22:37 | Diary of HEAD  

<< そして、 太陽は今でも >>