やるしかねえ

_オレは、ロックンロールエンターティナー!!
世界を縦横無尽に駆巡り鮮やかに輝き続けるReveRライトワーカーHEAD

_先ほどコンビニへ行き、食パンとコーヒーとチョコレートを買ってきました。
何かを生み出そうとすれば、糖分が脳でバンバン消費されていきます。黒いチョコートが苦手な僕ですが、そんなときに限ってバリッと折った板チョコを口の中で溶かすところを思い浮かべるのです。


c0077841_23173449.jpg_今日は証明写真を撮ったついでに、以前から話したいと持ちかけられていたバンドマンと合流し、ビブレの喫茶店で少しだけお茶をしました。ある文章を書くのに手一杯なのは勿論ですが、その息抜きも兼ねて、また少しでも音楽活動について進めてもおきたい(なんだかんだやるのは結局そこに繋がっていくので)という思いもありましたから。
特に何が良いという特別な理由はありませんが、このビブレの喫茶店は好きなのです。そして、喫茶店でコーヒーや甘味を嗜みながら人と語らうことの楽しさと言ったら、僕のこの上ない楽しみのひとつです。更に不本意ながら相手が男性(バンドマンとのミーティング)ばかりというのも付け加えねばなりません。まぁ楽しみという以上、それほど頻繁にいくこともないのですが、だからこそ楽しみだと言えるのかも知れません。
羽田で働いていた頃、親子で野菜を発送にくる親子がありました。その息子さんと僕はデランジェというバンドの話でいつも盛り上がっていましたが、それを見るが早いか、親父さんが『女みたいにペチャクチャしゃべってんじゃねえぞ』と叱りつけていました。
その親父さんの言葉を借りて言えば、正に喫茶店での僕らは女みたいにペチャクチャしゃべる男たちと形容できるでしょう。ペチャクチャしゃべるのが女性のようであるとは思いませんし、普段何処でもペチャクチャと喋る訳でもありませんが、確かに喫茶店やオフィスで話声が聞こえてくるのは大半が女性の声のような気がします。運送屋の事務の方々も常におしゃべりをしていますし。居酒屋などお酒の席ではまた違いますが。
そんなイメージがあってか、喫茶店で話していると何となく女性的な雰囲気も感じないことはありません。ただし、あくまで-あそこのライヴハウスはどうだ-とか、-こういう音楽はどうだ-とか、そういう話をしているのですが。

まぁそれが女性的であるにしろないにしろ、特に悪いことはないのです。ただ改めて着目してみるとおもしろくて、探究すれば何か発見がありそうな気もするし、何かに活かせそうな気もするし、ここでは話すに止めます。


_さて、喫茶店でのわずかな時間の話題が大半になってしまいましたが、またこれから作業に入ります。もう日付をまわりましたから、締め切りもあと一日と少しです。もちろん、今日も明日も仕事はありますから、かなり限られてきます。
作曲の作業と同じ疲労感が心地よくもあり、休みたくもあり。そして、何かをまた創造しているのだという実感もあります。こういった苦労の後で悪い結果になったことはありません。

人生はたえず、意味を実現するなんらかの可能性を提供している。

これは精神分析医のフランクルの著作によるものですが、よく考えればフランクルやフロイトに出逢わなければ今頑張っている作業・活動もなくて、更に溯れば彼らの書籍に出会う切っ掛けとなったのもやはり苦悩の出来事でした。

それがあるから僕が今存在している意味も実現できるのだと思います。
さて、もうひと頑張り、いやひと頑張りどころじゃないか(笑)とにかくベストを尽くします☆


-あなたの一票を!!ブログランキングに参加しています!!-



バナーをクリックしランキングサイトへ飛んで頂くことによってポイントが加算されるシステムで、ランキングのCheckもそちらでデキます。
通常はグリーンのバナ−から飛べますが、ご利用の端末からエラーが出てしまう方は下段のオレンジのバナー(モバイル用)からお願い致します。ちなみにモバイル版の場合ランキングのトップへジャンプしますので、以下の手順で当ブログ参加の項目へアクセス下さい。


TOP→エンターテイメント(クリック)→音楽(プルダウン)→バンド活動(プルダウン)

いつもご支援アリガトウございます!!
[PR]

by red_rebel | 2009-03-09 00:32 | Diary of HEAD  

<< 朝から青汁 DA・SA・I >>