もし、俺がヒーローだったなら

俺はロックンロールエンターティナー、世界を縦横無尽に駆巡り鮮やかに輝き続けるReveRのライトワーカー・HEAD☆


今日は完全にOFF。
早朝に目が覚め朝食を食し、いつの間にか眠ってランチタイム。ファストフードとアイスクリームパフェで簡単に済まし、またいつの間にか眠ってしまい、結局ちゃんと起きたのはさっきの話です。

本でも買いに行くのも良いかと思ったんですけど、せっかくのOFFでもやっぱり真剣に選んでしまう気がしたので止めておきました。
完全にOFFっていうのはそういうことなんです。音楽を聴いてイマジネーションするのもエネルギーが要るんですよ、だからサラ・ブライトマンなど静かなものを聴いていました。

『It's A Beautiful Day』

とても美しい楽曲です。
彼女の歌には何か不思議なものを感じますね、もろクラシックなのはちょっと(・・;)っていう方でもポップス感覚でリスニングできてしまうのでお勧めです。
超→ノリノリでいきたい方や男性にはどうかな、と思いますけど(笑)


先日のイベント終了後、まぁひとつ前の記事でも書いたような思考がまだ頭から抜け切れていなかったので、メンバーと一緒にイベントとは別に打ち上げをしようかと思ったんです。けれども、今回の主催であるHi-Gain原さんの心意気と言いますか、情熱と言いますか、何となく言い方は違うかも知れませんが帰る訳にはいかないような状況になってしまったんですね。
とは言え『強制ではありませんので』と言ってくださってたんですけど、いちバンドマンとして男として、こういった熱い気持ちを持った方に応えない訳にはいかないなと、全員一致でイベントの打ち上げに参加させて頂きました。

鍋に飲み放題、ビールが美味しかったです。
カレー鍋っていいですね、終わったらリゾットにもできるとは洒落てます。

途中退場しましたが、メンバーと別れる際ホントにこんな良いイベントはないよなと話しました。
ReveRという創造的なプロジェクトには時間もエネルギーも必要で、壮大なものだと思っていますが、その道中様々な方々に支えられていることを実感しました。

昨日は敢えて書きませんでしたが、ハウスミックスのReveR's Themeをバックにモデルウォークで登場した時、これだ!と思ったんですよね。
歩き方は普段から花道を歩くイメージで何年も前に修得しましたが、立ち振る舞いはメンバーのガールフレンドからプレゼントされた本からヒントを得たものでした。

そういった本来その出来事に含まれている、夢は既に叶っているという真実に気づけたのも、皆様のおかげなんですよね。


皆様に感謝です。





さ、今日は日曜洋画の『プレデター2』を観ようか、レンタルした『4分間のピアニスト』若しくは『オペラ座の怪人』を観ようか、迷ってしまいます。
それまでジャズギターでも弾こうかな。

12月も楽しくいきましょう☆人気ブログランキングへ
[PR]

by red_rebel | 2008-11-30 20:30 | Diary of HEAD  

<< いつでも 降伏と解放 >>